週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

時間がない! 福浦和也(ロッテ)は2000安打に届くのか? 今季達成されそうな記録 パ・リーグ編

時間がない! 福浦和也(ロッテ)は2000安打に届くのか? 今季達成されそうな記録 パ・リーグ編

キャンプからオープン戦へ、各チームの調子も徐々に上がってきているこの時期。そうなると、気になるのがシーズンでの記録だ。開幕に備えて、大台到達、あるいは歴代上位の大記録が近づいている選手を押さえておこう。今回はパ・リーグ編。

名球会入りへ、ラストスパート


 順調なら4月中には達成されそうな大記録が、内川聖一(ソフトバンク)の2000安打だ。昨季までで1975安打を記録しており、残り25安打。仮に1試合で1本ずつ安打を重ねれば、4月30日のオリックス戦(京セラドーム)が達成日となる。

 とはいえ、内川はソフトバンクに移籍した2011年以降、安打数が出場試合数より少なかったことは一度もない。通常通りで試合に出ていさえすれば、30日より早く達成する可能性もある。いずれにせよ、大台到達は時間の問題だろう。

 そしてもう1人、2000安打に迫っているのが、今季が25年目となる福浦和也(ロッテ)だ。昨季までで1962安打をマークしており、あと38安打。ただ、内川と違って、福浦の場合はそう簡単ではない。

 というのも、ここ5年で、福浦が38安打以上を放ったのは2015年の1回だけだからだ(47安打)。近年は代打での出場が多くなっており、打席数も少ないのが実情。ただ、井口資仁監督は一塁手として起用も考えているようで、そうなるとスタメン出場が増え、打席数も稼げる。生え抜きの大ベテランの記録達成を、ファンも待ち望んでいる。

仕事キッチリの若きバント職人


 野手陣の記録では、今宮健太(ソフトバンク)の犠打にも注目したい。昨季までで歴代13位の270犠打を記録している。なお、今宮より通算犠打数が多い現役選手は以下の3人だけだ。

1位:田中浩康(DeNA)/301犠打(歴代5位)
2位:細川亨(楽天)/294犠打(歴代7位)
3位:荒木雅博(中日)/283犠打(歴代10位)

 昨季の今宮の犠打数はリーグトップの52。今年も同レベルの成績を挙げられれば、現役1位に躍り出るだけでなく、伊東勤(元西武)の305犠打を抜いて、歴代4位にまで一気に浮上しそうだ。

 ちなみに、歴代犠打数のトップ3はこちら。

歴代1位:川相昌弘(元巨人ほか)/533犠打
歴代2位:平野謙(元中日ほか)/451犠打
歴代3位:宮本慎也(元ヤクルト)/408犠打

 さすがの顔ぶれだが、今宮のキャリアハイは2013年と2014年に記録した62犠打。今季は無理でも、順調なら、2020年あたりにはトップ3に名を連ねる計算となる。史上最年少で200犠打を達成した若きバント職人のテクニックを今季も堪能したい。


攻めの投球で新たな勲章へ


 投手陣で大台に乗りそうな記録では、涌井秀章(ロッテ)の与死球も気になる。昨季までに93与死球を記録し、大台まであと7となっている。2014年にロッテに移籍してからの4年は、10、8、4、7と、年平均の与四球は7.25。今季中に到達する可能性は十分だ。

 与四球は決して目立つ記録ではないかもしれないが、歴代トップが東尾修(165与四球)であることからもわかるように、打者の胸元を臆せず攻めた結果という側面もある。

 ちなみに、涌井は暴投数も71で現役最多。これは歴代12位の記録。昨季と同数の6暴投を記録すれば、今季で歴代7位までジャンプアップする。

 こういった数字も涌井らしさのひとつ。ロッテ残留が決まった今季、ワイルドかつ強気の投球で、チームを最下位からの上位浮上へ導きたい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方