週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフト特集】2016ドラフト候補怪物図鑑〜最速150キロ即戦力左腕・田嶋大樹(JR東日本)

 ドラフト候補選手の魅力をたっぷりとお伝えする「2016ドラフト候補怪物図鑑」。

 今年のドラフト会議での上位指名が濃厚な目玉選手9名と、来年のドラフト会議で要注目の3名を4週間に渡って徹底解剖。新人ライターの山岸健人さんが、『野球太郎』持木秀仁編集長に根掘り葉掘り質問しまくります。

 この「ドラフト候補怪物図鑑」と『野球太郎No.020 ドラフト直前大特集号』(全国書店にて絶賛販売中)があればドラフト会議の予習はバッチリ!!

 最終週となる今週は来年のドラフト会議で要注目の3選手を紹介!!

 今回は、高校時代に佐野日大高(栃木)のエースとしてセンバツベスト4、社会人でも順調な成長を見せている最速150キロ左腕・田嶋大樹投手(JR東日本)です。


高卒でありながらすぐに社会人で主戦格に


山岸:田嶋大樹投手は高校時代からプロ注目と騒がれた投手でした。

持木:田嶋投手はすごいですね。今年オリックスで1位指名された山岡泰輔投手(東京ガス)クラスじゃないですか。高卒でプロに入っていてもよかったピッチャーです。

山岸:仮に高卒でプロに入っていたら、すでにプロで活躍していた可能性もありますか?

持木:先発投手の手薄なチームだったら、1軍のローテーションで投げていた可能性もあるんじゃないでしょうか。

山岸:佐野日大高時代は、3年の夏に左脇腹を痛めました。それもあって、当時はプロ志望届も出さなかったということですが。

持木:あまり状態がよくなかったんでしょうね。でも、2014年のセンバツでベスト4に勝ち進んだときのピッチングを見れば、いいピッチャーなのはわかります。

山岸:どういったタイプのピッチャーですか?

持木:田嶋投手はクセの強い、左バッターが嫌がりそうなボールを投げるピッチャーです。今年のドラフトでいえば、日本ハムが1位指名した堀瑞輝投手(広島新庄高)に通じるところがありますね。

山岸:社会人野球でもすぐに通用しました。

持木:高卒で入ってすぐに主戦格ですからね。思いのほか早く結果を出しているので、やっぱりすごいピッチャーです。

最速150キロのストレートとスライダーのコンビネーション


山岸:田嶋投手は最速150キロの左腕。スピードが魅力ですが、変化球はどうでしょうか?

持木:スライダーが大きな武器です。ほかにもカーブ、フォークなども使います。

山岸:先程、「クセの強い」という話がありましたが、その球質の特徴は?

持木:インステップ気味のフォームから、キレと角度のあるスライダーを投げるので、とくに左バッターは打ちづらいと思います。

山岸:自分の方に向かって踏み込んでくるように見えるわけですね。

持木:はい。そこから角度のついたアウトコースの球がくるので、どうしても腰が引けちゃうんです。

山岸:インステップ気味のフォームだと腰に負担がかかりそうですが。

持木:難しいところですね。一般的には負担がかかるといわれています。でも、本人もこれまでに指摘されたことはあったはずです。それでもこの投げ方を貫いているのかもしれません。そうだとすると、このフォームが本人には合っているんでしょうし、フォームを矯正することで現状良い部分が消えてしまう恐れもあります。

山岸:なるほど。人によっては良いことなのかもしれないと。

持木:このフォームだからこそ、左バッターに対しての外の角度が出ますからね。このスライダーと最速150キロのストレートのコンビネーションが大きな武器ですし。

山岸:では、コントロールの面はどうでしょうか?

持木:ピンポイント、というほどではないと思いますが、四死球で苦労する、というほどでもありません。

山岸:ここまでの話だと、再来年にはプロの世界で即戦力といて活躍しているイメージが沸いてきますが、来年のドラフトまでに、もっと成長していてもらいところはありますか?

持木:今でも十分活躍しているのですが、欲を言えば、過去2年よりもさらに年間通した安定感、勝負所での投球に磨きをかけてほしいと思います。


 高卒ですぐに社会人で結果を残した田嶋投手。最速150キロのストレートはもちろん、インステップ気味のフォームから繰り出されるスライダーも大きな武器だ。即戦力は堅いと評される逸材だけに、来年のドラフトでは競合1位指名の可能性も高い。田嶋投手は何球団から指名されるのか? 楽しみにしたい。


文=山岸健人(やまぎし・けんと)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方