週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 西兵庫みどころ】剛柔粒揃い明石商投手陣の半端ない厚さ 好捕手、強打者集う中から誰が抜け出る

投手編〜好素材揃いの明石商!

注目投手 加田悠真

 春季県大会を2年ぶりに制した明石商。
1試合平均失点は1.6。
投手陣の層の厚さ、レベルの高さを存分に見せつけた大会でもあった。
2年夏から主戦を務める加田悠真は、卓越した制球力とゲームメーク力を誇るサウスポー。
130キロ台中盤のストレートにスライダー、チェンジアップを織り交ぜ、緩急の効いた投球で凡打の山を築く。

 速球派の長身右腕が揃う明石商投手陣。
春季近畿大会でエースナンバーを背負った179センチの福谷航太はしなやかな腕の振りから繰り出す、140キロ級の糸を引くようなストレートと切れ味鋭いスライダーが武器。
近畿大会では大阪桐蔭戦でリリーフ登板。
強力打線を4回無失点に封じた。
185センチの松本拓馬、191センチの勝本樹も恵まれた体躯から角度のある強いボールを投げ込む。

 その他にも1年生ながら春季県大会決勝の先発マウンドを託され、勝利に貢献した181センチの本格派右腕・中森俊介、スピンの効いた質のいいストレートが光る2年生右腕・宮口大輝、溝尾海陸など、下級生にも将来性豊かな右腕が目白押しだ。

■個性溢れる好投手たち

 春8強入りを果たした三田学園のエース・清水一希は、140キロ級の伸びのあるストレートと多彩な変化球のコンビネーションが武器。
長打力を備えた打撃、気持ちを前面に押し出したプレースタイルにも定評がある。

 西脇工の2年生エース・山中勇人は粘り強い投球が持ち味。
準々決勝で強打・三田松聖打線に8安打を浴びながら、要所を締め完封。
春4強入りの原動力となった。

 体重移動の巧さが光る、快速球右腕・藤本竜輝(社)のストレートは今春、140キロ台中盤に到達。
しかも、まだ2年生。
今後の成長が楽しみでならない逸材だ。

 その他では、奪三振率の高さが光る快速右腕・古川愛斗(東播工)、130キロ台後半のキレのあるストレートと抜けのいいチェンジアップが光る高垣露稀(三田松聖)、打たせて取るテクニックに長けた技巧派左腕・井上皓太(福崎)らの名が挙がる。

野手編〜西兵庫に好司令塔あり

注目野手 西山大貴

 西山大貴(西脇工)は打撃センス抜群の捕手。
ボールの内側を強く叩ける理想的なスイング軌道から質のいいライナーを広角に打ち返す。
タイミングを外された時の対応力にも優れ、バスターなどの小技も巧み。
スローイング力も高く、「強肩強打の捕手」というフレーズが実によく似合う。
明石商の司令塔・山本健太朗の強肩を生かした正確なスローイング、投手のよさを引き出すリードも必見だ。
 1年時から主軸を務め、西兵庫ナンバーワン三塁手の呼び声が高い直井亨太(三田松聖)は思い切りのいい、パンチ力溢れる打撃が魅力。
ディフェンス面も年々、安定感を増している。
 1年生ながら名門・明石商の核弾頭を任され、県大会で打率.333をマークした来田涼斗、アウトを奪う力が高い好遊撃手・千石尚史(西脇工)、飛距離満点の打撃が光る右田治信(明石商)、濱屋悠仁(東播磨)、中村将希(姫路南)らも要注目の好素材だ。

大会展望〜秋、春連覇の明石商が大本命

西兵庫 勢力ピラミッド

阪神、神戸地区以外の90校で争われる西兵庫大会。
優勝候補の筆頭は、昨秋、今春の兵庫を制した明石商だ。
春の公式戦を通じ、多くの投手が実戦機会を得たことで投手陣の層はさらに厚くなり、真夏の戦いに向けての準備も万端。
過去3年、決勝で涙を呑んだ強豪公立校が四度目の正直に挑む。
対抗馬の1番手は5年前の兵庫の夏を制し、秋準優勝、今春も4強入りを果たした西脇工。
2014年の準優勝校・三田松聖、古豪復活を目指す三田学園、公立の社、淡路三原が続く。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方