週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 山形みどころ】今後も追いたい将来性を秘めた投手多し 竹内筆頭に巧打・強打者は私学勢目立つ

投手編〜伸びしろを感じさせる投手

注目投手 佐藤智輝

 可能性を秘めた投手が多い印象だ。
身体能力の高い佐藤智輝(山形中央)の最速は141キロ。
このストレートを7割程度の力で放り、打者の手元でひと伸び。
「力を抜いて投げることを覚え、OBの横山(雄哉/阪神)ようになってきた」とは庄司秀幸監督。
手足の長い、しなりのある体はまだまだ成長段階。
伸びしろを感じさせるサウスポーだ。

 昨年からスピードボールに定評があるのが佐藤幸弥(羽黒)だ。
最速146キロを誇るが、高低のコントロールに甘さがあり、球数が多いのが課題。
ただ、低めに決まった時は一級品で、ピンチでの粘り強さや勝負どころで投じる変化球で腕を振れるようになってきたのは成長の跡。
制球のコツをつかめば面白い。

 竹田葵(山形城北)は183センチ89キロのどっしりした体格から最速143キロ。
力が加わったストレートは威力があり、コントロールも悪くない。
力だけでなく、スライダー、チェンジアップ、カーブなど緩急をうまく使った投球術も兼備。
ピンチでも強さを見せる。

 この冬で球速が140キロを超えた左腕・阿部雄大(酒田南)はストレート、変化球ともにワンランクアップ。
打たせて取る投球から、ほしいところで三振を取れるようになり、スタイルチェンジした。

 センバツ出場の日大山形にはストレート、変化球ともに制球力の高い佐藤洸太、内角を強気に攻める左腕の近藤皓介がいる。
打者が思わず手を出してしまうキレのあるストレートで、チームを春4強に導いた武田真東(創学館)にも注目だ。

 完成度の高い投手は少ないが、その分、この先での伸びしろに期待できる投手が多く、今のうちの見ておくのも損はないだろう。

野手編〜私学に好打者集まる

注目野手 竹内大貴

羽黒の4番・竹内大貴は努力で作り上げたスイングの強さが魅力。
引っ張った打球はもちろんのこと、逆方向へも伸びる打球が打てる。
177センチ80キロとガッシリ型だが、二塁や遊撃の守備も安定感がある。

 入学時から試合経験を積んできた斎藤史弥(日大山形)も打力のある二塁手だ。
昨夏の甲子園では明徳義塾戦で3打点と勝負強さを発揮。
現チームでも3番を打ち、攻撃の核となっている。
日大山形では捕手として高い評価を得ている2年生の渡部雅也も見逃せない。
スローイングの精度が高く二塁送球2秒を切る強肩。
長打力のある打撃で4番を打つ。
2年生の西島好亮は、持ち前のバットコントロールで打線をつなぐ。

 外野手では塩崎一朗(羽黒)が目を惹く。
バットをうまく出して広角に安打を打ち分ける打撃に、俊足を生かした守備範囲も広い。
伊藤航大(山形城北)は春季県大会で3本塁打と5番の役割を果たした。
2年生の伊藤海斗(酒田南)は187センチ85キロの体格を生かしたパワフルなスイングが魅力。
昨秋の県大会準決勝、決勝で2試合連続本塁打を放った。
バットの芯で捉えた時の飛距離は半端なく、場面に応じた打撃ができるようになると、さらに評価が上がりそうだ。

大会展望〜春季大会決勝進出校中心か

山形 勢力ピラミッド

昨秋と今春で上位3校が全く違う山形県。
夏は春季県大会で決勝に進んだ羽黒と山形中央が軸となるだろう。
この2校をセンバツ出場の日大山形、秋春4強の山形城北、昨秋決勝に進出した酒田南と東海大山形が追う。
酒田南は部員の暴力で春季大会を辞退。
対外試合禁止の時期もあり、夏一発勝負となるがポテンシャルの高い選手が揃う。
さらに夏に強い鶴岡東や春4強の創学館、酒田光陵、山形南といったチームの躍進にも期待がかかる。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方