週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフトマニア的センバツの楽しみ方】筆頭は根尾昂(大阪桐蔭)。二刀流の道を継ぐ注目選手たち

【ドラフトマニア的センバツの楽しみ方】筆頭は根尾昂(大阪桐蔭)。二刀流の道を継ぐ注目選手たち

 このオフにエンゼルスへと移籍した大谷翔平。周知の通り、日本プロ野球界において成功は難しいと言われた「二刀流」を成し遂げた男だ。もちろん大谷とまではいかないまでも、今センバツにおいて投打に主力として活躍している選手は多い。

 ドラフト情報に強い『週刊野球太郎』では「ドラフトマニア的センバツの楽しみ方」と題して、一味違う選手紹介をしていきたい。今回は今年、来年のドラフト戦線を騒がせそうな二刀流候補を紹介したい。

優勝候補筆頭の大阪桐蔭高で主軸を張る根尾昂


 今センバツでもっとも注目を浴びる優勝候補の大阪桐蔭高。“大阪桐蔭史上最強”と呼ばれるチームで史上3校目の春連覇を目指して甲子園にやってくる。そのメンバーは昨年の侍ジャパンU-18代表に2年生ながら選ばれ、WBSC U-18ワールドカップを戦った藤原恭大、強打の山田健太、エースの柿木蓮とドラフト候補が目白押し。そんなタレント揃いのチームにあって投打ともに期待されるのが根尾昂だ。

 中学時代の根尾は、野球だけでなくアルペンスキーでも活躍し、全中大会優勝を果たしている。大阪桐蔭高に入学後は野球に専念し、抜群の身体能力とセンスを生かして投打の二刀流へと変貌を遂げた。

 ただ、現チームではエースの柿木に、左腕の横川凱もいることから、投手で起用される機会はそう多くないかもしれない。遊撃での出場がメインとなるはず。しかし、昨秋の近畿大会準決勝の近江戦では16奪三振の快投を見せており、投手としての実力も侮れない。連戦が続くことになれば、4番・投手の根尾が見られるかもしれない。

名前だけじゃない! 中央学院高の大谷拓海


 昨秋の関東大会を制した中央学院高はエースで4番の大谷拓海が中心のチーム。その名字からして、注目されるのは間違いない。秋の公式戦では打率.235と不振にあえいだが、3本塁打はチームトップ。明治神宮大会では初戦の明徳義塾高戦で敗れたものの、プロ注目の好投手・市川悠太から本塁打を放っている。

 また、投手としては7試合に完投するなどスタミナは十分。防御率2.48はずば抜けた数字ではないものの、しっかりと試合を作ってきた。

 本家・二刀流の大谷は甲子園に2度出場したが、いずれも初戦敗退と白星を挙げられていない。二代目の大谷が最速140キロ中盤のストレートと長打力で、初出場のチームを勝利に導くことを期待したい。


ドラフト候補となるか!? 下関国際高の鶴田克樹


 下関国際高の鶴田克樹も根尾、大谷と同様に投打で柱となっている。身長は180センチながら体重は93キロと、一見、パワー型の投手に見える。しかし、150キロ近いストレートを豪快に投げ込むわけではなく、140キロ前後のストレートにツーシームなど交え、コーナーに散らす投球が持ち味。見た目とは裏腹にコントロール重視の投球を見せる。

 打っては4番を任され、秋の公式戦では打率.359をマーク。チーム唯一の本塁打も放った。現時点でドラフト候補といえるかどうかは微妙なところ。しかし、投打のどちらかでもセンバツで結果を出せば、注目を集めそうだ。

 二刀流ではほかにも日大三高の中村奎太、井上広輝、星稜高の竹谷理央、瀬戸内高の浴本一樹ら投打で結果を出す選手は多い。センバツ本番での起用法はわからないが、各選手ともに活躍し、ドラフト候補として評価を高めたいはず。本家・大谷が拓いた二刀流の道を継ぐスーパースター候補が現れることに期待したい。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方