週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

2013夏・茨城の有望野手を紹介します!

【茨城・野手編】ドラフト関連度 B

常総トリオが暴れまわるか?

 打の柱は大型の野手・内田靖人(常総学院)。広角に強い打球を打てる右の強打者。本格的な捕手転向は3年春からだったが、2年夏の甲子園で松井裕樹(桐光学園)から2安打して注目された。春の大会でも活躍。名実ともにドラフト候補らしくなってきた。

 他には遊撃手の吉澤岳志は野球センス溢れる選手で、今後も成長していきそうな気配を感じる。中堅手の島翔太は守備・走塁のレベルは高く、ツボにくれば飛ばせる打撃力を有する。

 複数の投手を強気のリードで生かしているのが、チームの司令塔・浜部駿希(霞ヶ浦)だ。体を張ったブロックには一見の価値あり。地味かもしれないが、注目してほしい。

 霞ヶ浦勢力が続く。白川拓海は責任感が強いチームの主将。粘り強く、勝負強い打者で、ここ一番では頼りになる男だ。もう一人、果敢に攻める守備や一歩目が速い走塁を見せる河原龍義。野球勘が鋭く、ゲームの流れを読むのが得意。場面に応じて、広角に打ち分ける打撃も評判高い。

 強肩強打の捕手・池畠弘基(鉾田一)。飛距離が持ち味の打撃は大学スカウトが注目しているようだ。

 伊東昌也(波崎柳川)は好機に勝負強い打撃ができ、広角に長短打が狙える選手。

 荷見諒哉(つくば国際)は運動能力が高く、野球センス抜群の内野手。春の県8強の立役者だ。

【注目選手】内田靖人(常総学院)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方