週刊野球太郎はニュースにはない奥深い情報を毎日配信 ドラフト候補累計4000人超 圧倒的な取材情報
メンバーサイト入口
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
※Wi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。

人生の転機でこそ、人とのつながりが“助け”になった

2018-03-20(火)12:00

人生の転機でこそ、人とのつながりが“助け”になった

 プロ野球のOBたちに現役時代のエピソードとユニフォームを脱いでからの第2の人生に迫る『プロ野球選手だった男たち 〜あの日々、そして第2の人生〜』。2人目のプロ野球選手OBには、台湾、ダイエー、アメリカ、メキシコ、ベネズエラと5カ国の野球を渡り歩いた養父鐵氏(全4話連載)が登場。養父氏は亜細亜大、日産自動車を経て2001年に、兄弟エレファンツ(台湾)と契約。26歳でプロ野球選手となり、持ち前のバイタリティあふれるスピリットで道なき道を切り開きながら、波乱万丈の現役時代を送った。台湾では奪三振記録に台湾シリーズMVP獲得、アメリカ3Aではノーヒットノーランを記録している。

 2007年に引退した養父氏は2010年、神奈川県藤沢市にルーツベースボールアカデミーを開校。生徒の指導と並行して2015年は中信兄弟(台湾)の投手コーチ、2017年は四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの監督を務める。徳島では就任1年で独立リーグ日本一を達成。伊藤翔(西武3位)、大藏彰人(中日育成1位)と2人の投手をNPBに導いた。ユニフォームを脱いでなお、「自分の道」を進む波乱万丈な野球人生は続いている。養父氏の「ほかにない野球人生」を聞いた。

◎2010年、ルーツベースボールアカデミー開校

 “自分はできる”“苦しい時には一番よくて楽しいことを考え、周囲も楽しませる”。そんなバイタリティあふれるスタンスで台湾、日本、アメリカ、ベネズエラ、メキシコのプロ野球を渡り歩いた養父鐵氏。2007年にユニフォームを脱いでからも、波乱万丈の野球人生はまだまだ続く。

 養父氏は、仲のいい柔道家・吉田秀彦(1992年バルセロナ五輪金メダリスト)から「ロサンゼルスに吉田道場を開きたい」と相談を受け、渡米。物件を探してまわった。この話は実現しなかったものの、「不動産の仕事をやってみようかな」と思い、大手不動産会社のホームページにあった求人募集に応募。「こんな経歴の人はいなかった。すぐに来てほしい!」と、とんとん拍子に就職が決まった。

 営業のコツをつかんでからは、持ち前のコミュニケーション能力で好成績を上げる。しかし、自分を採用してくれた社長の退任にともない「だったら、俺も辞めます」とあっさり退職。一時は焼肉店を開こうと、知り合いの肉屋さんとホルモン焼き屋さんを頼って無給で修行の日々を送るも、「てっちゃんほどいろんな経験をした人はいないんだから、野球スクールを開けばいいじゃない。飲食店は50歳を過ぎてもできるんだから」と、その過程でアドバイスを受けた。

 2010年、こうしてルーツベースボールアカデミーが、神奈川県藤沢市に誕生した。バッティングセンターの一角に練習スペースと事務所を構えている。

◎ルーツベースボールアカデミーは海外でも活動


 養父氏は野球界を超えて、国を越えて、職種を超えて、いろんな人と会って、楽しく話す。そして、人生の転機で、培ってきた人とのつながりが“助け”になっている。ルーツベースボールアカデミー開校にも、人との縁が力になった。

「何かを始めようとする時に、いろんな仲間が手を差し伸べてくれる。ルーツベースボールアカデミーも、たまたま知り合いがバッティングセンターのオーナーと知り合いで、そこのデッドスペースを間借りさせてもらえたから開けたんです」

 練習スペースはすべて手作りだ。養父氏の机が置かれた木造風アメリカンスタイルの事務所はコンテナを改造した。この作業も“手に職を持つ”仲間たちが手伝ってくれたという。また、運営するにあたっては、マイナーリーグ時代に培ったつながりも当然、生きている。

「うちのスクールでは、生徒たちを毎年、12月か1月にアメリカに連れていくんです。向こうではメジャーの球場の中に入れてあげたり、メジャーリーグのスカウトを呼んでトライアウトを受けたり。仲良くしているロッテの川越(英隆)コーチの子どもを、アメリカ時代にチームメイトだったホセ・コントレラス(元ホワイトソックスほか)の家に連れていったり。本当に子どもたちは喜びますね」

 これも、養父氏だからできること。生徒の視野と可能性を広げるべく、養父氏の“ほかにない経験値”が一役買っている。


◎6年生でリレーの選手、チームで4番かエースに


 現在、ルーツベースボールアカデミーには低学年の小学生から中学生、そして大学生以上の生徒が通う。2018年度に向けて、9期生の募集を行なっているところだ。では、指導理念は何だろう?

「スポーツにとって大事なものは体のトレーニングです。子どもの頃は誰が教えても技術はすぐに上達します。でも、技術だけ詰め込んで、体作りを怠った子は、結果的にケガをしてしまう。だから、うちは授業時間の3分の2はトレーニングに費やしています」

 運動能力に長けた体をしっかりと作る。おかげで、ルーツベースボールアカデミーで鍛えた小学校低学年の生徒の多くは、6年生になる頃には運動会でリレーの選手に。そして、野球チームに入ると4番かエースになるという。

 また、試合中のグラウンドで必要な“強い気持ち”を養うために、陽気な養父氏らしいユニークな指導をしている。その舞台となるのはライブハウスで行うクリスマスパーティだ。ちなみに、第1話、第2話で触れたが、養父氏はギターを弾いて歌うのが大好き。マイナーリーグ時代も得意の歌で、チームメイトを楽しませた。ボーカリスト歴も長い養父氏に、その意図を聞いてみた。

「例えばステージに立つ子がピッチャーならば、マウンドとステージは同じ。つまり、ピッチャーとボーカリストは同じなんです。緊張するし、不安だろうけど、マウンドに立ったら、誰も助けてくれません。自分がリーダーとして勝負に挑まないといけない。そういう場面に子どもの頃から慣れておいてほしい。だから、ライブハウスのステージに立たせて、モノマネでも歌でもいいから、何かをやらせるんです」


◎2016年、2人のOBがNPB入りを勝ち取る


 次回の最終話で詳しく述べるが、2017年、養父氏は監督就任1年で四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス(以下、徳島)を独立リーグ日本一に導いている。その背景には投手陣の激的な成長があった。昨秋のドラフト3位で徳島から西武に入団した伊藤翔、育成1位で中日に入団した大藏彰人らには「ピッチャーはひとり。マウンドに立ったら助けてくれる人はいない」と、常に言い続けた。

 ライブハウスのステージに立ち、自分の頭で考えたことを実行する。そんな逃げ場のないところで発揮される勝負観が、マウンドでの孤独に耐える力に通じていくのは容易に想像できる。それを楽しみながら経験できるのは、“好きなことをずっと続けてきた”養父氏ならではの発想が生きた指導法だ。

 近年、ルーツベースボールアカデミーOBからは菊沢竜佑(ヤクルト、2016年ドラフト6位)、田城飛翔(ソフトバンク、2016年育成ドラフト3位)と、2人のプロ野球選手が生まれた。菊沢は立教大卒業後、アメリカの独立リーグ、日本の軟式クラブチームを渡り歩きプロ入りを勝ち取った選手だ。プロ入りの夢を諦められなかった菊沢は、夢への途上で、ルーツベースボールアカデミーが間借りしているバッティングセンターで受付のアルバイトをしていた……。

 養父氏が台湾でプロ野球人生を歩み出したのは27歳。菊沢がドラフト指名を勝ち取ったのは28歳。養父氏の波乱万丈な野球人生は種子を飛ばし、実を結び出した。

 次回は養父氏の徳島での挑戦と、人生観を聞いていく。

(※文中一部敬称略、第4話・最終回に続く)

協力:日本プロ野球OBクラブ

人生の転機でこそ、人とのつながりが“助け”になった

■プロフィール
養父鐵(ようふ・てつ)
投手・右投右打。1973(昭和48年)6月26日生まれ、神奈川県鎌倉市出身。帝京第三高、亜細亜大、日産自動車を経て、2001年に兄弟エレファンツでプロデビュー。2001年ドラフト6位でダイエーに入団。2003年から2005年はホワイトソックス傘下の球団に所属し、2A、3Aでプレー。その間にベネズエラ、メキシコのウインターリーグにも参加した。2006年は兄弟エレファンツに復帰するもケガで力を発揮できず。2007年に引退した後、2010年にルーツベースボールアカデミーを神奈川県藤沢市に開校。2017年には四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの監督を務め、独立リーグ日本一に輝く。徳島からは伊藤翔(西武3位)、大藏彰人(中日育成1位)がNPB入りを果たしている。


取材・文=山本貴政(やまもと・たかまさ)

ドラフト会議まであと何日?

時間
先取り2018ドラフト注目選手特集
先取り2018ドラフト注目選手特集
 
会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載
野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!
メンバーサイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

2018年ドラフト情報先取り
全国のドラフト注目選手が満載!
先取り2018ドラフト注目選手特集

プロ野球戦力外通告・引退
に関するのコラムも
プロ野球戦力外通告・引退特集

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 野球エンタメコラム一覧#1
  3. 人生の転機でこそ、人とのつながりが“助け”になった

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.