週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

ドラフト大特集! 宮本丈(奈良学園大)ら今年の高校野球を盛り上げたチームのOBもプロ入りを目指す

ドラフト大特集! 宮本丈(奈良学園大)ら今年の高校野球を盛り上げたチームのOBもプロ入りを目指す

 今年のセンバツは大阪桐蔭高と履正社高の大阪対決を制した大阪桐蔭高が優勝。夏の甲子園は花咲徳栄高が埼玉県勢として初の栄冠に輝いた。すでに両校からは安田尚憲(履正社高)、西川愛也、清水達也、綱脇慧(いずれも花咲徳栄高)がプロ志望届を提出。有力ドラフト候補として注目が集まっている。

 しかし、当然ながらプロを目指すのは甲子園スターだけではない。今年の甲子園を盛り上げた高校のOBたちにも、今秋のドラフトで注目されている選手がいる。 大学での4年間を経てプロ入りを目指す彼らを紹介したい。

大阪桐蔭高で春夏制覇を経験した笠松悠哉


 2012年、エースの藤浪晋太郎(阪神)を擁して甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭高。当時、2年生ながらスタメンを張っていたのが森友哉(西武)と笠松悠哉(立教大)だ。笠松は三塁に就き、両大会で10試合に出場。打率.361(36打数13安打)、3本塁打、12打点の活躍で優勝に貢献している。

 翌年、森がプロ志望届を提出する一方、笠松は立教大への進学を選択する。立教大では、1年時はリーグ戦での出場がなく、レギュラーとなったのは2年秋から。そのシーズンに4本塁打を放ちパワーを見せつけると、今春までに7本塁打を記録。三塁手としては、今春のベストナインに輝いている。181センチ85キロと体格もよく、力強いスイングをから速い打球を放つ。「引っ張り」が売りの強打者だ。

 昨年は田中和基(楽天3位)、田村伊知郎(西武6位)、澤田圭佑(オリックス8位)と3人をプロに送り込んだ立教大から、今年もプロ入りする選手が生まれることになりそうだ。

7季連続ベストナイン獲得中の宮本丈


 大阪桐蔭高と並ぶ大阪の2強である履正社高。同校出身の山田哲人(ヤクルト)、T-岡田(オリックス)らがプロで本塁打王を獲得する活躍。昨年も高校生ビッグ3として高校球界をリードした寺島成輝がヤクルトからドラフト1位指名を受けた。今年も安田がプロ入りとなるのは確実と躍進めざましい。

 その安田とともにドラフト上位候補として注目したい履正社高OBの大学生がいる。奈良学園大の宮本丈だ。

 履正社高時代は2年、3年時にセンバツに出場し、2試合で打率.400(5打数2安打)を記録。その後、近畿学生リーグの奈良学園大へ進学し、1年春からスタメンを獲得した。これまで、1年秋から4年春まで7季連続でベストナインを受賞。3度の首位打者を獲得し、今春までに積み上げた安打は97本。今夏は侍ジャパン大学日本代表チームの遊撃手としてユニバーシアードも戦った。

 すでに開幕中の最後のリーグ戦で連盟記録の113安打を更新したいところだが、疲労もあり欠場中。ドラフトまでに体を癒やし、万全の状態で指名を待ちたい。


内外野を守れるマルチプレーヤー候補・楠本泰史


 今夏の甲子園で初優勝を飾った花咲徳栄高。そのOBで大学に入ってから急激に成長した選手がいる。東北福祉大の楠本泰史だ。

 楠本は、若月健矢(オリックス)とチームメートだった高校時代は3年時にセンバツに出場するもノーヒット。結果を残すことができなかった。その後はプロ志望届を提出せず、東北福祉大へ進学。1年春からレギュラーを獲得し、新人王を受賞。今春までに2度のMVP、3度のベストナインに輝くなどリーグを代表する打者へ成長した。侍ジャパン大学日本代表にも選出され、今夏のユニバーシアードでは打率.310(29打数9安打)の成績を残し、評価を上げた。

 現在は中堅手として出場しているが、高校時代は三塁、大学では遊撃もこなしてきた。一見、適応力は高そうだが、積極的な理由でコンバートされてきたわけではない。まずは打撃でアピールして、自身に最適なポジションを見つけたい。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方