週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

来季のヤクルト内野陣には村田修一とあの男がいる!? 夢見がちなヤクルトファンの妄想

来季のヤクルト内野陣には村田修一とあの男がいる!? 夢見がちなヤクルトファンの妄想

 この原稿を執筆している10月23日時点ではドラフト会議は終わっていない。注目の清宮幸太郎(早稲田実)がヤクルトのユニフォームを着ることになるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。まだ、この時点では夢を見るのも許される、と思い、敢えて「清宮入団」も視野に入れて書き進める。

 今シーズン、記録的な大敗を喫したヤクルトは来シーズンから小川淳司監督の再登板が決定。「6さま」こと宮本慎也氏もヘッドコーチに就任し、引退後初めてユニフォームに袖を通すことになる。しかし、首脳陣が刷新されても戦うのは選手である。選手の意識改革、技術の向上がなければ上位進出は狙えないだろう。もちろん、故障しないことは大前提だ。

 投手陣の崩壊に目がいきがちなヤクルトだが、今シーズンは打撃陣の不調が大きかった。川端慎吾、畠山和洋、雄平が離脱。そして、頼みの山田哲人は不振が長引いた。チーム打率.234、95本塁打はともにリーグ最下位。打者有利とされる神宮球場を本拠地としながらこの有様だった。ここで、とくにケガ人が多く出た内野陣について来シーズンを占ってみたい。

内野は二塁の山田だけが固定


 今シーズンの内野陣は壊滅的だった。二塁の山田を除いて100試合以上に出場した選手は不在。故障者続出に加え、若手の伸び悩みもあり、年間を通じて固定できなかった。来シーズンはどのような布陣になるのか。

 一塁は畠山和洋、大松尚逸、荒木貴裕らで争うことになる。バレンティンの去就次第では新外国人選手もこのなかに加わってくるだろう。そして清宮を獲得できれば、ひいき目なく見ても清宮のスタメンはありえるだろう。

 二塁は山田で間違いない。今シーズンの不振を立て直せるかがカギとなる。気がかりなのは、杉村繁コーチがチーフ打撃コーチから巡回コーチに配置転換されたことだ。常に1軍にいないということが、山田にとってデメリットとなることも考えられる。しかし、2軍の若手が第二、第三の山田に育つ可能性もある、とポジティブにとらえたい。とはいえ、素材候補はドラフトで獲得しなければいけないのだが……。

 三塁はヘルニアの手術を受けた川端が最右翼だ。藤井亮太、西浦直亨といった選手も控えているが、残念ながら現時点で川端には及ばない。藤井はあと一歩のところまできているが、対左投手時はほぼ起用されなかったことからも、川端に及ばないことがうかがえる。厳しいようだが、今シーズンの状況で確固たるレギュラーとなれない選手が、川端に勝てるとは思えない。マルチポジションをこなせるバックアップ要員となりそうだ。

 遊撃は大引啓次がフルシーズン戦うことができず、奥村展征、西浦と併用されることになりそうだ。期待のスラッガー候補である廣岡大志も控えているが、守備面での不安が大きい。スタメンで起用するならば三塁が濃厚だろう。

村田獲得の支障はもしかして…


 このように、内野は各ポジションで競争となる。その争いは決して若手だけではない。若手と呼べるのは奥村、廣岡の2人くらいだ。

 今は、後に控える世代交代も見据えなければいけない時期でもある。ポジション争い、そして、世代交代を控えているこの状況にぴったりの選手が、巨人から自由契約となった。そう、村田修一だ。村田は一塁、三塁をこなすことができる。しかも、2000本安打まであと135本に迫っており話題性もある。魅力的な選手であることは間違いない。松坂世代の村田は来シーズン38歳。奥村、廣岡、清宮ら若手が育つまでの繋ぎとしてもぴったりだ。

 現時点でヤクルトは村田について獲得の意思は示していない。しかし、ドラフトの結果によっては獲得に動く可能性はある。村田はヤクルトと縁の深い日本大出身で、大学時代は館山昌平と同期でもある。自由契約なので年俸も大幅に下がるだろう。獲得に向けての支障はないはずだ。もし、支障があるとすれば横浜、巨人で背負っていた背番号「25」を館山が背負っていること、くらいか……。

 「ドラフトで清宮獲得からの村田もヤクルトへ」というご都合主義的な妄想が現実となることに期待したい。

(※編集部注:10月26日のドラフト会議で7球団競合の末、日本ハムが清宮の交渉権を獲得した)


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方