週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2009】攻撃は続くよどこまでも、1イニング15得点など複数のNPB新記録を樹立

勢いに乗ったら破壊力は抜群の「マリンガン打線」が最も激しく牙を剥いたのは、23対2で終わった2009年のロッテ対広島の試合の6回裏だろう。48分にも及んだ攻撃で、1イニング打者20人、15得点、14打点、10打数連続安打、15者連続出塁、14連続得点と同時に6つもの記録を打ち立てた。ちなみに、1イニングで3回打席に立った大松尚逸もNPB新記録を打ち立てたが、この内2打席でアウトになってしまった。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方