週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《2017オープン戦チェック》横田慎太郎が打率.393、田口麗斗が防御率0点台。昨年のおさらい!


 早いものでキャンプも中盤に突入。待ちに待った実戦スタートが刻一刻と近づいてきている。

 今年は2月25日(土)、沖縄での4試合を皮切りにオープン戦が開幕する。そこで今回は、おさらいを兼ねて昨季のオープン戦を振り返ってみたい。

如実に現れてしまった弱さ


 オープン戦とペナントレースではもちろん戦い方も異なるが、オープン戦が好調であれば、ある程度の期待感を持つことはできるだろう。

 昨季のオープン戦の覇者は阪神。“金本新政権”で開幕へ向けたイケイケムードを作っていった。シーズンの結果は4位だったが、船出はバッチリだったともいえる。

 逆に昨季、残念だったのはオリックスと中日。4勝9敗3分で同率最下位に終わった。ともにシーズンもリーグ最下位に沈んでおり、結果論からいえば不安が露呈したオープン戦だった。

昨季のオープン戦大当たりの若手は?


 続いて、昨季のオープン戦で大当たりした選手を振り返ってみたい。オープン戦では若手が重用される傾向にあり、期待のホープの活躍はシーズン開幕に向けての勢いが増す重要なキーポイントだ。

 昨季大当たりを見せたのは、横田慎太郎(阪神)。打率.393をマークし、開幕スタメンをつかんだが、シーズンでは打率.190と低迷。オープン戦での好調を継続することができなかった。

 山川穂高(西武)も打率.313に加え、4本塁打をかっ飛ばし、開幕スタメンに名を連ねたが、こちらもシーズンが開幕するとガチガチに緊張して本領が発揮できず。夏場まで2軍での調整を余儀なくされた。

 開幕スタメンをつかむためにはオープン戦での活躍が必要だが、思いのほか、早期のブレイクには結びつかないケースも多い。

 しかし、阪神では当時ルーキーの高山俊がオープン戦打率.327の好成績を挙げ、シーズンでも新人王を獲得する見事な活躍を見せた。

 高山の例もあるので、「オープン戦好調でも開幕したら(ダメだろう)……」とネガティブになるのではなく、「新人王間違いなしや!」とポジティブになった方が楽しめそうだ。


オープン戦がシーズンに直結した先発投手陣


 昨季はオープン戦で活躍した先発投手陣がそのままシーズンでも好調を示した。

 規定投球回以上では和田毅(ソフトバンク)、福井優也(広島)、菊池雄星(西武)、田口麗斗(巨人)、有原航平(日本ハム)が防御率0点台を記録し、福井はケガの影響で不調に陥ったものの、残る4人はシーズンでも2ケタ勝利をマーク。エースクラスの活躍を見せた。

 投手にとって春先の好調は吉兆。素直に期待しても大丈夫だろう。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方