週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【1936】新聞記者から異例の転身!広島商の名将・石本秀一がタイガースの監督に就任

1936(昭和11)年、阪急との練習試合に大敗し、上層部の逆鱗に触れた森茂雄監督の後を受ける形で、広島商を4度の全国大会制覇に導いた名将・石本秀一が大阪の監督に就任した。広島商の監督を務める前後は大阪毎日新聞の記者として活躍していた石本。鬼の練習に加えて、記者出身ならではの鋭い世論を読む力で強打が売りの「ダイナマイト打線」を形成し、難敵・巨人に立ち向かえるチームを作り上げた。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方