週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

まさかの展開! スポーツ各紙の1面が全て埋め尽くされるとき…

 え〜と、競馬のGTは別にしてスポーツ新聞の1面はなかなか同じ記事が揃わない。


 このコラムが始まった昨秋から2月3日まで全紙1面は北ノ湖死去と澤穂希引退、SMAP解散回避の3例のみ。

 野球関係でも野球賭博問題で福田・笠原・松本が解雇や、プレミア12の韓国戦の敗退など結構な大ネタがあったにもかかわらず、主要6紙の1面が同じネタを扱うことはなかった。


まさかのニュースで全紙1面が同じネタに…


 当然、揃ったときは取り上げる気満々だったのだが、まさかこんなバッドニュースとは……。

 2月3日、すべてのスポーツ新聞の1面に清原逮捕の文字が踊った。

 同じネタを扱う以上、他紙には負けたくないところだが、ソースの基本は警察発表なので差別化は難しい。

 となると、あとは誰にコメントを求めるかが勝負なんだけど、圧倒的にリードしたのはスポーツ報知。専属の強みで盟友の桑田真澄から「ウソであって欲しい。夢であってほしい」のらしい言葉をもらってきた。まあ、こうなることは他紙も予想はついてたと思う。


さすが見出しが秀逸なスポニチ 


 しかし、ここであきらめなかったのがスポニチ。『中居SMAP絶句 励ましてくれたのに』の見出しで、SMAPの中居くんがあたかも逮捕に関してコメントを出したかのように思わせる。

 うん、思わせるってことは、実際はノーコメント。でも、記事を読むと過去の清原との関係を踏まえて、見出しについてギリギリ言い逃れできそうな感じでふんわりと仕上げてんだよなぁ。

 食らえ! スポーツ紙忍法・拡大解釈の術〜。

 なお、知り合いの新聞記者に話を聞いたところ報道記事として見た場合、移送される車中の清原の正面写真を唯一、掲載したサンスポの圧勝だそうである。

 ああ、さすがにスポニチが1位じゃまずいと思ったよ。だって、これジャンルでいうと事件だもの。


文=御手洗あつひこ
幸楽(@渡る世間は鬼ばかり)のような中華料理屋でスポーツ新聞を読むことをこよなく愛するダメライター。その経験を生かして野球太郎で年に一度だけ『ドラフト当日の新聞報道徹底検証』の記事を担当する。好きな紙面レイアウトはスポニチ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方