週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

CSに向かって出発進行! 西武特急を加速させる男たち



 交流戦後半の失速、菊池雄星、木村昇吾の離脱、再開したリーグ戦で負け越しスタートと、暗いニュースが多い西武。

 親会社・西武グループの鉄道事業になぞらえると、各駅停車ですらなく車両点検を繰り返してとまってばかりいるような状況。乗客(ファン)としては、早く目的地(CS)に到着してほしいと願うばかりだ。

 そこで今回は、不安だらけの列車を西武特急・レッドアローに変えてくれる名車掌(選手)を取り上げたい。


復活のKが2桁勝利を目指す


 1人目は、4月24日の楽天戦で右足内転筋痛を発症し、戦列を離れた岸孝之。

 復帰初戦となった6月17日のヤクルト戦では、まだエンジンをしっかりとかけられず6回を3失点。しかし7月からの岸には、これまでの借りを返す投球に期待したくなる。

 というのも昨季こそイマイチだったものの、

・2014年:11戦6勝(2敗)
・2013年:13戦7勝(負けなし)

と、夏場の成績がすこぶる良いからだ。

 2年ぶりの2桁勝利もまだまだ可能性はある。それが叶えばエース足る貯金の数になっているだろう。ここから3カ月の岸から目が離せない。


マルチ出塁で白星を量産


 昨季、216安打で日本記録を塗り替えた秋山翔吾。今季は打率.314でパ・リーグ2位につけているが、比較対象が昨季になってしまいがちなだけに、ファンとしては物足りなく映ってしまう。

 ファンを贅沢病に陥らせるまでに成長した秋山。ほとんどの打撃スタッツは昨季よりも落ちているが、昨季と変わらないものもある。それは出塁率で、.419と1試合に2回は何かしらの形で塁に出ているのだ。

 そこで逆に、1回も出塁できなかった試合と、1回だけ出塁した試合を数えてみた。

・無出塁:4試合
・ヒット1本のみ:11試合
・四死球1つのみ:6試合

 このように、秋山が自分の仕事をできなかった試合は21試合あったのだが、驚くべきことにこの21試合での白星が…、なんと3つだけ。

 クリーンナップの爆発的な得点力が魅力の西武だが、その導火線に火をつけているのは秋山、ということがあらためてわかる数字だ。

 逆にいうと、秋山が2回塁に出た試合は勝つ確率が飛躍的に高まるわけだから、西武プリンスドームで応援しているファンは、初回から本気になって「突撃! 突撃! 秋山!」を叫んでエールを送ろう。


2人のキーマンが上位の壁をぶち抜く


 ペナントレースの半分が過ぎて、順位が固まってきた感のあるパ・リーグ。借金を抱える身ではあるが、風穴を開けられるのは西武しかいない。

 なぜなら今回挙げたキーマンが、自分の仕事をきっちりとするだけで、チームの勝率が一気に高まるからだ。

 当たり前のことを当たり前にやるのも簡単ではないが、自分の持っていない力は逆立ちしても出すことはできない。

 エースとリードオフマン、今こそ自分のベストを尽くすときだ!


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方