週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

月間MVPも夢じゃない! チーム事情でリリーフに一時転向した西武・牧田和久の今後の起用方法は?


 序盤に6連戦が組まれていない今季の西武ライオンズ。そんなチーム事情から、先発から中継ぎに配置転換された牧田和久が絶好調だ。ロングリリーフでも勝ち試合の継投でも、任せられた任務をしっかりと果たし、大車輪の活躍を見せている。
 ここ数年はあと一歩のところで2ケタ勝利に届かず、防御率も3点台中盤をウロウロ。球界で希有なサブマリンも、その投法は「(打者に)慣れられてしまったのか……」という疑いもあった。しかし、今季はいい意味で期待を裏切ってくれている。

 3・4月の月間MVPを獲得する可能性もある牧田。受賞を後押しするべく、牧田のここまでのピッチングを振り返ってみたい。

負け試合がガラリ一変


3月26日 vs.オリックス

 先発・十亀剣が初回に5失点し、早々にノックアウト。その後を受けて最悪な雰囲気のなかで、今季初登板を迎えたのが牧田だ。しかし、4回から9回までゴロアウトを量産。オリックス打線をわずか1安打に抑え、危なげない投球を披露した。

 すると打線も牧田の力投に応えて9得点。前日もサヨナラ勝利を達成していたチームは、この日も見事な大逆転勝利を演じ、開幕1、2戦を勝利。牧田は西武にとって、なんとも素晴らしい船出を演出した。


「俺達」の支配からの卒業


4月8日 vs.ロッテ

 6回2失点と奮闘した菊池雄星からバトンを受け、勝ち継投の先頭を任された牧田。岡田幸文と角中勝也にヒットを浴び、今季初失点を喫したものの、井上晴哉を打ちとって高橋朋己につないだ。

 今季初白星を預けていた菊池はヒヤリとしただろうが、この場面でズルズルと失点しなかった牧田はさすがの一言。もう西武の中継ぎは、「俺達」ではないということを証明した試合でもあった。

「顔も見たくない」ほどの難敵に?


4月16日 vs.オリックス

 十亀が5回持たずに降板するという、3月26日の試合と似たような展開のなか、切り札の牧田がマウンドへ。この試合、すでに2ケタ安打していたオリックス打線だったが、牧田登板以降は全て三者凡退と、人が変わったかのように沈黙してしまった。

 前述した3月26日の試合で、オリックスは牧田に対してトラウマを抱いたのか……。そう思わせるほどのキラーぶり。シーズンを勝ち抜くには「お得意様を作れ」という鉄則がある。今後の牧田vs.オリックス打線に注目したい。


牧田の起用法で秋の結果が見えてくる


 牧田はもともと、ルーキーイヤーに抑えをしていた実績がある。今季のリリーバーとしての牧田には、もちろん筆者も期待していた。しかし、ここまでガッチリと先発陣とクローザーまでの歯車を噛み合わせたのは、やや想定外。嬉しい悲鳴でもある。

 西武はこれから6連戦が組まれてくる。先発投手が増員され、牧田もその筆頭候補になるだろう。しかし、結果を出している継投策を崩してまで…という思いもある。首脳陣がどういった判断を下すのか。この結果次第で、西武の今季が決まると言っても、過言ではなさそうだ。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方