週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【先取り高校生ドラフト候補】大阪桐蔭・柿木蓮、スピード王・引地秀一郎(倉敷商)ら注目投手たち!

【先取り高校生ドラフト候補】大阪桐蔭・柿木蓮、スピード王・引地秀一郎(倉敷商)ら注目投手たち!

 今年も盛り上がりを見せたドラフト会議。契約交渉が終われば、各球団スカウト陣の新シーズンの幕が開ける。

 2018年のドラフトの目玉は誰になるのか。一足早く「2018先取りドラフト候補」として来春からの活躍に期待したい有望高校生投手を紹介しよう。

柿木蓮(大阪桐蔭/右投右打)


 好素材だらけの大阪桐蔭でエースナンバーを背負う柿木蓮。2年春から大阪の強豪校と互角に渡り合い、昨夏は甲子園で仙台育英を相手に8回まで5安打無失点の好投を見せた。

 最速は147キロ。この秋もチームを近畿大会優勝に導き、昨夏の「ここに戻ってくるので砂はいらない」の言葉通り、来春のセンバツ切符を手中に収めた。課題はスケールアップと安定感。大台の150キロに乗せれば、間違いなくドラフト上位候補に浮上するはずだ。

 同じく大阪桐蔭では190センチ左腕の横川凱もドラフト候補。

市川悠太(明徳義塾/右投右打)


 センバツ出場をほぼ確実にしたチームでは、明治神宮大会を制した明徳義塾のエース・市川悠太にも注目したい。今秋の高知県大会初戦から明治神宮大会決勝までの10試合を1人で投げ抜いたスタミナもさることながら、最大の魅力は「本格派」のサイドハンドだということ。右打者にとっては背中から最速145キロのストレートが飛び出てくる。高校生サイドハンドにありがちな非力さはまったくない。

 力みのない投球ができればプロでもリリーフの即戦力になれそうな逸材。春の投球を楽しみに待ちたい。


田中法彦(菰野/右投右打)


 順調に春を迎え、来年にさらなる成長を遂げればドラ1まで見えそうなのは田中法彦(菰野)。1学年上には今年のドラフトで広島に育成1位指名された岡林飛翔がいたが、田中も負けず劣らずの投球でスカウト陣の目を奪った。

 最速150キロのストレートに加えて、腕の振りが緩まない変化球も魅力。投げっぷりも投球術も一段上のレベルにある。秋から4番も務め、野球センスは抜群。あとは目に見えてわかる結果がほしい。


引地秀一郎(倉敷商/右投右打)


 ミレニアム世代のスピードキングは引地秀一郎(倉敷商)。184センチ80キロの恵まれた体から豪快に最速151キロを投げ込む。現段階では上半身主導の投球だが、それでこのスピードなので伸びしろは十分。一冬越えれば、155キロも夢ではない可能性を感じる。来年のスピード戦線は間違いなく引地を中心に展開されるはずだ。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方