週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 静岡みどころ】水野、川合が急上昇しドラフト候補に! 常葉大勢の捕手2人はともに送球が光る

投手編〜急成長の水野、二刀流の川合

注目投手 川島レオナルド

 県ナンバーワン投手として注目を集めるのが水野喬日(湖西)。
高校から本格的に投手となり、メキメキと台頭した本格派右腕だ。
フォームに粗削りな面を残すものの、今春最速145キロを計測。
状況によって力の入れ具合を調整し、ギアを上げた時には剛球が投げ込まれる。

 川合勇気(掛川西)は投打両面でプロの評価が高い。
昨秋は体のキレを欠いていた印象があったが、一冬で引き締まった体型に。
常時140キロ台前半のストレートにはバットを押し込む強さがある。
打っては、内角の球をきれいにさばいてスタンドまで持っていく。

 その川合と中学時代からライバル関係にある漢人友也(常葉大菊川)はしなやかなフォームが際立つ。
全身を柔らかく使い、ストレート、変化球を低めに集める。
体型が華奢なだけに、上のステージで大きく飛躍する可能性が高い。

 素材なら川島レオナルド(星陵)も負けていない。
イラン人の父と日系ブラジル人の母を持ち、馬力がハンパない。
上半身の強さを生かして豪快に腕を振り下ろし、140キロ近くのストレートが打者の手元で伸びてくる。

 優勝候補筆頭の静岡には、右の春翔一朗、左の鈴木翔也という2枚の好投手が揃う。
センバツで、わずか84球の完封劇を演じた春は内角をえぐる制球力と、鋭く曲がるスライダーが武器。
鈴木は130キロ台中盤のストレートに多彩な変化球を絡ませる。

 その他、変化幅の大きいスライダーを投げる野元優作(掛川東)、最速142キロの重いボールで勝負する古屋悠翔(静岡商)、鋭く腕が振れる服部己太郎(市沼津)も目を惹く存在。
2年生では185センチの長身右腕・栗田和斗(知徳)、140キロを連発する小林史弥(島田商)の飛躍に期待だ。

野手編〜静岡と常葉勢に逸材揃う

注目野手 村松開人

野手では走攻守が高いレベルでそろう村松開人(静岡)が筆頭格だ。
柔らかいバットコントロールから広角に安打を放ち、50メートル5秒8の快足を飛ばして塁上を駆け抜ける。
遊撃の守備はスピード感と確実性を持ち合わせ、一連の動作に無駄がない。

 同じ静岡では1年夏から4番を張る成瀬和人も必見。
スイングスピードがあり、ライナー性の強い打球で外野の頭を越していく。

 捕手では夏目大(常葉大橘)と根来龍真(常葉大菊川)の2人が群を抜く。
夏目は強肩強打を持ち合わせてプロもマークする存在。
どっしりと構え、レフト方向に強い打球を飛ばす。
今夏は引っ張りの本塁打が出てくれば、さらに評価が上がるはずだ。
一方の根来はフットワークの良さが持ち味。
捕ってから投げるまでに速さがあり、二塁送球が正確だ。

 恵まれた体格を持つ土屋光樹(日大三島)も楽しみ。
体勢を崩されながらも右中間を破るパワフルな打撃は見逃せない。

 名将・森下知幸監督が手塩にかけて育てる佐藤光史(御殿場西)は将来性十分。
ラインドライブのかかった打球には伸びがあり、守備には華麗さが出てきた。

 また、2年生の紅林弘太郎(駿河総合)、塩ア栄多(浜松工)はスケールが大きい。
来年のドラフト候補に挙がってほしい大型選手だ。

大会展望〜王者・静岡を常葉大菊川が追う展開

静岡 勢力ピラミッド

秋春と県を制した静岡が一歩抜けた存在。
センバツ以降、故障者が出て心配材料もあるが、夏に万全な状態で入れば、絶対王者の座は揺るがない。
続くのは、個々の能力が高い常葉大菊川。
秋は地区大会から東海大会まで漢人友也がフルイニングを投じたが、春は左腕・榛村大吾が台頭。
2枚看板で静岡に挑む。
プロ注目の川合勇気を擁する掛川西、一冬で選手が大きく成長した東海大静岡翔洋、古豪復活に燃える島田商、昨夏甲子園初出場を果たした藤枝明誠なども上位を伺う。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方