週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

セ・リーグのMVPを予想してみた。鈴木誠也(広島)の負傷で本命に浮上するのは誰だ!?

セ・リーグのMVPを予想してみた。鈴木誠也(広島)の負傷で本命に浮上するのは誰だ!?

 シーズンも残すところあと1カ月。セ・リーグでは広島が快走し、2位・阪神、3位・DeNAにやや差をつけている。

 白熱の終盤戦を前にセ・リーグのMVPを予想してみたい。

セ・リーグのMVP予想


■本命
丸佳浩(広島)

122試合:打率.314(478打数150安打)/21本塁打/82打点/12盗塁

 つい先日までは今季の広島の新4番・鈴木誠也がMVPの本命と見られていたが、ケガで無念の離脱。本命に一気に浮上したのは丸佳浩だ。

 2013年に盗塁王の獲得はあるが、これまで打撃タイトルなし。しかし、今季は打率、打率ともリーグ3位と射程圏内。安定感あるプレーは評価が高く、2014から2015年はリーグ最多四球を選び、今季も70四球を選んでリーグ4位。守備面も含め、タイトル外のスタッツも極めて優秀で選出濃厚だ。
■対抗
田中広輔(広島)

122試合:打率.294(493打数145安打)/5本塁打/51打点/29盗塁

 対抗は広島の投手陣から選びたかったがMVP受賞に至るほどの成績を残している選手はなし。と、なると田中広輔が対抗だ。鈴木誠也に票が残ったとき、浮上の目がある。

 今季は打撃の迫力を増し、72四球は丸を上回るリーグ3位。昨季から積極性も継続し、リーグトップの29盗塁と走りまくっている。ここから9月の大活躍があれば、ギリギリ逆転可能か。

■大穴
鳥谷敬(阪神)

118試合:打率.300(400打数120安打)/3本塁打/37打点/7盗塁

 阪神が優勝した場合、非常に悩ましい。本来ならメッセンジャーが有力だが、ケガで離脱中。飛び抜けた成績を残した選手はいないため、秋山拓巳と鳥谷敬の二者択一になりそうだ。

 これまでの貢献を考えると鳥谷が一歩リードか。昨季の不振から立ち直り、スタメンを張り続ける力を取り戻した上、阪神ファンからの支持は熱烈。投票する記者の情に訴えかけるものもある。

 しかし、秋山も11勝4敗の好成績を残しており、貢献度はかなり高い。秋山がいなかったら、先発陣は崩壊していただろう。9月に4勝以上を挙げれば、受賞の可能性は十分にある。

(成績はすべて8月31日時点)


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方