週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフト特集】《埼玉西武ライオンズ》補強ポイントとドラフト指名予想

【この記事の読みどころ】
・大連敗を招いたリリーフ陣の補強は右、左ともに急務
・左の内野手、右の外野手を手薄を育てていきたい
・将来のことを考えて捕手の指名も考えたい


☆リリーフ陣の整備を早急に

 昨年は橋光成、一昨年は森友哉と注目選手の一本釣りに成功。見事なドラフト戦略を見せた西武だが、今年の補強ポイントは投手。先発陣はある程度計算できるが、リリーフ陣にはここ数年悩まされ続けている。右と左の即戦力リリーフを獲得したい。

 右では富士大・多和田真三郎。重心を深く沈み込んで投げるストレートの伸びは独特なものがある。先発では試合の中盤で球速が落ちることもあるが、リリーフで「この1イニングは任せた」と託せば、打者もそう簡単には打てないはずだ。ケガでこの秋に登板しない見込みといわれる点は心配だ。


 日本文理大・田中豊樹の潜在能力も高い。150キロ近いストレートに、変化球もスライダー、スプリット、チェンジアップと多彩な、力で押していくタイプのピッチャー。舞台が大きいほど燃えるという性格的にもリリーフ向きだ。

 左なら日本生命・清水翔太。140キロ前後のストレートと外角に落ちる変化球を操る。図太いピッチングをすることもあり、リリーフで見てみたい投手だ。下位で残っていたら指名したい。

☆野手では左打ちの内野手

 野手に目を向けると、左の内野手の層が薄い。この夏の甲子園やそのあとのU−18でも活躍した仙台育英高・平沢大河はボールを呼び込んで打てる選手。スローイングの安定感に課題があるが、守備範囲は広い。ただ、上位で指名しないと厳しいか。

 東海理化・井貝星良は、センターを中心に打ち返す、東海地区有数のヒットメーカー。自由に打たせれば伸びるタイプで、制約の多い打順は向かないだろう。肩が強く、三塁を守っているが能力的には二塁もできる。

☆炭谷の動向と右打ちの外野手

 昨年、炭谷銀仁烽フ動向に注目が集まったが、残留を選択。ただ、1年契約でこのオフも再び話題を集める可能性がある。城西国際大・宇佐見真吾は、二塁送球2秒を切る強肩に、逆方向にも長打が打てる左打ちの捕手。将来的なことも考えて、指名するのもひとつだろう。


 ほかの野手では、右打ちの外野手登録が5人と少ない。地元埼玉の花咲徳栄・大瀧愛斗は、三拍子そろった選手。いわゆるプレーの見栄えがいいタイプではないが、スイングと打球の速さが光る。スカウトの評価も軒並み高く、指名がありそうだ。若手に限らずチームの雰囲気が伸び伸びとしている西武みたいなチームが大瀧にはあっているだろう。

☆補強ポイント&オススメ選手

数年の弱点を埋めたい右の即戦力
多和田 真三郎
(投手/富士大/右右)

不甲斐ない中継ぎを強化する左腕
清水 翔太
(投手/日本生命/左左)


少ない強打の左打者候補、遊撃もOK
平沢 大河
(内野手/仙台育英高/右左)

万が一のための捕手かつ強打も魅力
宇佐見 真吾
(捕手/城西国際大/右左)

層の薄い高校生の右打ち外野手
大瀧 愛斗
(外野手/花咲徳栄高/右右)


カッコ内は左から、ポジション/経歴/投打

※この文面は『野球太郎No.016 2015ドラフト直前大特集号』より、抜粋しております。詳しくご覧になりたい方は、是非とも本誌をお買い求めください。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方