週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

最近のドラ1選手がほぼ1軍で活躍のオリックス。ドラフト1位選手の共演をレビュー


 新人選手選択会議、いわゆるドラフト会議は、今年は10月20日に行われる。思えばあと1カ月ほどと、間近に迫っている。

 ドラフト候補のチェックは楽しいところだが、ここではオリックスの歴代ドラフト1位選手の現在の活躍ぶりを振り返ってみよう。9月8日、京セラドームで行われたオリックス対ソフトバンクの1戦は、過去のドラフト1位選手が多く活躍した試合だった。

先発・松葉貴大


 オリックスの先発は松葉貴大。松葉は2012年のドラフト1位で大阪体育大から入団。この年のオリックスは藤浪晋太郎、松永昂大とクジではずした末の松葉指名だった。

 松葉は3回表に連打から1点を失い、6回表には内川聖一のソロ本塁打でさらに1点を失う。6回を投げて2失点の内容で、なんとか先発の役割を果たした。


野手のドラフト1位も活躍


 オリックスは、ソフトバンクの先発・和田毅の前に5回までノーヒット。6回裏にチーム初ヒットを放つと、吉田正尚が2ラン本塁打。2対2の同点と追いつく。絶賛売り出し中のルーキー吉田正は2015年の1位指名。青山学院大から入団した。

 7回表からは吉田一将がリリーフ登板。吉田一は松葉が指名された翌年、2013年にドラフト1位指名でJR東日本から入団。この試合は、松葉−吉田一のドラフト1位リレーとなった。吉田一は1イニングを3人できっちりと抑える。

クジを見間違えるハプニング


 8回裏は、何度も好守備で投手を助けている安達了一がヒットで出塁。安達は2011年のドラフト1位で東芝から入団。高橋周平のハズレ1位だった。吉田正が四球で出塁後、T-岡田が勝ち越しタイムリー安打を放った。

 T-岡田は2005年の高校生ドラフト1位で履正社高より入団。この年のドラフトは、大阪桐蔭高の辻内崇伸にオリックスと巨人が競合。クジを引いたオリックス中村勝広GM(当時)が、当たりクジを見間違えるというトラブルが発生。結局、辻内は巨人が交渉権を獲得し、オリックスはT-岡田を指名することになった。

 9回表、4対2のリードで登板するのがクローザー・平野佳寿。平野は2005年の希望枠で京都産業大から入団。守備固めでセンターについたのが駿太。駿太は2010年のドラフト1位で前橋商高から入団。オリックスは大石達也、伊志嶺翔大、山田哲人のクジをはずした後、駿太を指名することになった。

 試合は平野が、3人で打ちとりゲームセット。4対2でオリックスの勝利。T-岡田と吉田正がお立ち台に上がった。


楽しみなドラフト


 こうして見みると、オリックスは2010年から2015年までにドラフト1位で指名した選手が、ほぼ1軍で活躍している(2014年の山崎福也は現在抹消中)。

 やはりドラフト1位の選手が活躍すると、ファンとしてはうれしいものだ。今年のドラフトはどうなるのか? 競合してクジを引くのか、それとも一本釣りに行くのか、投手か野手か。非常に楽しみだ。


文=矢上豊(やがみ・ゆたか)
大阪在住の山本昌世代。初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社会人などのアマチュア野球も年間を通じて観戦中。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方