週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

北海道の注目選手、出場校紹介

<北海道・センバツ注目選手紹介>

吉田 雄人
北照高校 新3年/外野手/右投左打/177センチ72キロ



ここに注目ベスト3
1.「打席での落ち着き」
2.「場面による適応力」
3.「課題に掲げる長打力」

どんな選手?/昨春のセンバツ出場選手最高打率を引っ提げて登場、甲子園でも1安打を記録した。巧みなバットコントロールで安打を量産するスタイルにパワーがついてきた。新チームでは主将を任されたことで視野も広がり、北海道大会決勝では状況に応じて犠飛を狙い打つなど成長著しい。百戦錬磨の河上敬也監督も「プロを目指せる」と評価。振り回さずに長打という難題にも取り組む頭の良い選手で外野守備も高水準。
一冬を越えてここに注目!/3番打者としての長打力も含めた勝負強さとマークされる中、一発で仕留める集中力。スイングスピードの向上と独特の野球カンが合致することで失投を逃さずに長打を連発し全国にアピールしたい。
プロ選手に例えたら・・・西川遥輝(日本ハム)


大串 和弥
北照高校新3年/投手/左投左打/173センチ72キロ



1.「打たれ強さ」
2.「一塁けん制」
3.「見事な打撃」

どんな選手?/昨春の甲子園で光星学院打線を6安打3失点に抑えた技巧派左腕。一回り大きくなりストレートでも押しこめるようになった。それでも生命線は巧みな投球術。不用意な四球を指摘する向きもあるが、巧みなけん制があるためか本人は意に介さない。神宮大会は連投に耐え、仙台育英戦では2本塁打に泣いたが打たれ強さは3試合を通じて光った。1年夏からの豊富な経験とチームからの絶大な信頼感が最大の武器だ。
一冬を越えてここに注目!/自己管理能力、経験に基づく調整に不安なし。ずばりストレートのキレをどこまで磨けるか。130キロ前後でもボール球を振らせるキレがあれば鬼に金棒。脳裏には一人で投げ抜いての全国優勝がイメージされているはずだ。
プロ選手で例えたら…吉田修司(元ダイエーほか)もしくは大塚尚仁(楽天)


大城 祐樹
遠軽高校 新2年/投手/右投右打/183センチ76キロ



ここに注目ベスト3
1.「体重よりもスラリとしたたたずまい」
2.「軌道の美しいストレート」
3.「これからが楽しみだ、と思える未熟さ」

どんな選手?/昨夏1年生ながら北北海道大会準々決勝の先発に起用され好投。期待の大きさは指揮官も認める。堂々のボディーを生かし切れないことが逆に将来性を感じさせる。秋は130キロ前後、目を見張る変化球もなくクセのない正統派右腕のために打ち込まれる場面もあり、まずはチームメイトからの信頼獲得が大きな課題だ。チーム事情で甲子園のマウンドも想定されるが、度肝を抜く投球があるかも・・・しれない。
一冬を越えてここに注目!/とにかくすべての面でのスケールアップに注目したい。西村優希(元巨人)ら右の本格派が伝統的に育つ風土でどこまで徹底的に走り込めたか、下半身を鍛え抜いたかに注目。まずはストレートを磨いてほしい。
プロ選手に例えたら・・・(将来は)山井大介(中日)


<北海道・センバツ出場校紹介>
北照高等学校(北海道) 監督・河上 敬也 主将・吉田 雄人
秋季北海道大会:優勝 明治神宮大会:ベスト4

どんな高校?/就任33年目の河上敬也監督が手塩にかけて育て上げた現チームは歴代屈指の総合力と高評価されている。特に徹底されているのが走塁で2死からも好走塁で得点を重ね流れを渡さずに粘り勝つたくましさもある。課題とされる2番手投手も左腕・斉藤綱記、188センチの長身右腕・村上海斗らが成長している。4番の強肩捕手・小畑尋規が引き締める内野陣に不安はなく、北海道大会、神宮大会同様、競り合いに持ち込めば上位進出も夢ではない。

遠軽高等学校(北海道) 監督・佐藤 貴之 主将・柳橋 倖輝
秋季北海道大会:ベスト4  21世紀枠選出

どんな高校?/札幌から約5時間、オホーツク管内の中心部に位置する人口2万2千人の遠軽町唯一の高校。野球が盛んで小中が連携した取り組みは以前より高く評価されていた。体つきがよくフルスイングがモットーの打撃のチームだが、北海道大会で滝川西、富良野を逆転で下すなど粘り強さがある。エースで中軸の前田知輝のパワー、1番で投手兼任の鴨野崇希はスピード、4番柳橋倖輝の勝負強さなど個性的な選手と吹奏楽局と全校生徒(予定)の大応援にも注目。


■プロフィール
長壁 明(おさかべ・あきら)/1968年生まれ44歳。札幌在住の高校野球ライター。北海道高校野球雑誌「北の球児たち」を2011年に創刊し、取材、撮影、編集、営業とすべてひとりでこなし2月下旬に第6号を発刊。北海野球部部史を編纂し高校野球史にもこだわる。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方