週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

まさに青天の霹靂! 元DeNA・多村仁志の中日入りをもたらした縁とは?


「38歳の育成選手」が誕生した。中日は1月15日、昨季までDeNAでプレーしていた多村仁志と育成契約を結んだことを発表。同日は球団創設記念日で、今年がちょうど80周年の記念イヤー。通算195本塁打を誇る大物スラッガー獲得は、ファンにとって“サプライズプレゼント”となった。


落合GMとの長きにわたる縁が呼んだ加入劇


 多村といえば横浜・DeNA、ソフトバンクで、長きにわたり第一線を張ってきた右打ちの外野手。2004年にキャリアハイの40本塁打を放ち、2006年のWBCでは、正左翼手として日本の初代チャンピオンに大きく貢献。いわゆる「5ツールプレーヤー」のひとりで、走攻守で魅了してきた。

 今回の加入に関しては、落合博満GMの存在が大きいと言われている。入団会見で本人も「落合GMは僕の恩人」と発言。戦力外を受けて数カ月間、多村に連絡をした唯一のチームが中日であり、面談の窓口になったのは落合GMだった。

 2人の縁は2001年の秋にさかのぼる。当時横浜の若手だった多村は、キャンプで臨時コーチに来ていた落合GMと対面。その指導に耳を傾けると次第に打撃フォームが安定し、のちの才能開花につながっていく。ソフトバンク時代の2011年日本シリーズでは一発を見舞うなど、当時中日の監督だった落合GMの目の前で強烈な恩返しを果たした。


育成契約は予算と枠の関係、そして「あの体質」ゆえ?


 では、なぜこれだけの実績を誇る多村が育成契約となったのか。理由として考えられるのは3つ。1つ目はチームの予算の関係、2つ目は支配下登録枠に限りがあるため、そして3つ目は多村について回る「ケガに強くない」体質だ。

・チーム予算について
 ここ数年の中日において、「コストカット」は避けて通れないワードのひとつ。チームの予算を預かる落合GM主導のもと、ウン億円単位で総年俸が抑えられることが度々話題に挙がる。「同じ右の外野手なら和田一浩を残せば良かったのでは?」という声も聞くが、さすがに数百万でプレーさせることはできないだろう。

・支配下登録枠の限りについて
 1月15日現在、中日の支配下登録選手は67名。規定で70名までと限りがあるため、残りは3枠だ。シーズン開幕後の緊急補強に備え1枠を残すと仮定すれば、2ケタの背番号を得られるのは1人か2人。ドラフトで大量6名の育成選手を指名したこともあり、このタイミングで多村を最初から支配下に置くのはチーム全体の士気に関わるかもしれない。

・ケガに強くない体質について
 「スペランカー」という有り難くない称号をはじめ、ケガに強くないイメージが多村にはどうしてもつきまとう。プレー中だけでなくプライベートでの発症も多くみられ、フルシーズン戦い抜いた年は数えるほどだ。ここ数年は大きなケガに見舞われることはなかったものの、リスク回避に念を入れた可能性は否定できない。

 昨季は若手が積極起用される陰で、ファームで静かに刃を研ぎ続けた。打率は3割を大きく超え(.319)、7本塁打をマーク。広角に長打を飛ばす打撃は健在で、シーズン最後の一発も右中間への当たりだった。機会さえ与えれば、一軍でもまだまだ活躍できるはずだ。

 かつて育成契約から日本シリーズMVPに登りつめた中村紀洋(元近鉄ほか)のように、多村にも華麗なる復活を望みたい。


文=加賀一輝(かが・いっき)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方