週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 鳥取みどころ】今春投打に印象残した楢原の爆発力期待 場外HRするパワーの田中は巧打も兼備

投手編〜経験の辰己 爆発力の楢原

注目投手 楢原健汰

 昨夏の甲子園、昨秋の中国大会と大舞台を立て続けに経験した辰己晴野(米子松蔭)が経験値では他を圧倒している。
豊富な経験に裏打ちされたマウンド度胸は県内随一。
数種類のスライダーを散らすコーナーワークは、今夏も他校にとって脅威となりそうだ。

 近年県内での安定感が際立つ鳥取城北は、今年も層が厚い投手陣を誇る。
昨秋、主戦を務めた浦林直哉は、効果的にタテ変化を使い、三振の山を積み上げる左腕。
ストレートに力のある野田翔、身長181センチの大型右腕・西村龍聖を揃えるブルペン陣とともに3年ぶりの甲子園を狙う。

 今春、強烈なインパクトを放ったのが楢原健汰(米子北)だ。
最速143キロのストレートを軸に、グイグイ押す投球で、鳥取城北を5回無安打無失点に抑える快投。
打っては3ラン本塁打を3本叩き込む離れ業を見せ、一躍注目の存在に躍り出た。
強いこだわりを持つストレートだけでなく、スライダー、ツーシームなど多彩な変化球も操る器用さも特徴だ。

 他にも166センチと小柄ながら、キレのあるストレートで抑える小笹和樹と高いゲームメーク力が頼もしい清水響希(ともに鳥取商)、打者の手元で鋭く落ちるスプリットで空振りを奪う浦田純聖(米子工)、チーム浮沈のカギを握る本行朋樹(倉吉北)といった実力派右腕や、ゆったりとしたモーションとのギャップで打者を刺し込む森下祐樹(米子東)、上下の連動が効いたバランスのいいフォームから、上質のストレートを投げ込む手島直(境)の両2年生左腕も要チェックだ。

野手編〜大砲・田中に"功打"の鳥取城北

注目野手 田中翔馬

 野手最注目は田中翔馬(鳥取商)で異論はないだろう。
昨秋の中国大会で福山市民球場の場外まで飛ばしたパワーだけでなく、変化球もしっかり捉える高い対応力も光る、屈指のスラッガーだ。
田中の後ろを打つ田渕雄大、パワーとスピードを兼ね揃えた徳永真央らの右打者陣も強力で、打線全体の破壊力は目を見張るものがある。

 片山隼、垣内丈二(ともに鳥取城北)は、同校の系譜とも言える左の功打者タイプ。
広角に打ち分ける柔らかい打撃が特徴だ。
鳥取城北はこの2人だけでなく、2年生の右の大砲・山田椋一も楽しみな存在。
逆方向にグングン伸びていく打球に、高い将来性を感じずにはいられない。

 春季県大会優勝の八頭には快足自慢の選手が揃う。
隙あらば次の塁を陥れる積極的な走塁姿勢でかき乱し、畑憲佑、金澤大成などの力強い打撃を生かしていく。

 イニング間の素早い二塁送球から、非凡さが滲み出る片山大空(鳥取湖陵)、大型の2年生・福島悠高(米子東)、今春ベンチ外からの巻き返しを狙う、強打の捕手・塩田祐暉(鳥取城北)ら、各チームの“扇の要"が投手陣をどう牽引するかにも期待が高まる。

 他にも、タイミングの取り方に上手さを感じる強打者・玉山聖将、逆方向にも強い当たりが打てる亀野新流(ともに米子北)、攻守の安定感が際立つ波戸佑真(米子松蔭)、グラブさばきは一級品の八幡奏声(境)、投手と遊撃手を兼務する濱ア瀧大郎(鳥取西)らの活躍も、見逃さないようにしたい。

大会展望〜"大本命"不在か? 混戦模様の夏

鳥取 勢力ピラミッド

鳥取商を除き、秋春で4強進出校がほぼ入れ替わるなど、今年は"本命"不在の雰囲気が漂っている。
唯一、秋春ともに4強入りした鳥取商は県内屈指の破壊力を持つ打線が自慢。
強打で7年ぶりの甲子園を掴み取りたい。
投手力では米子松蔭、鳥取城北が優勢か。
機動力野球で春を制した八頭、3本塁打のエース・楢原を中心に打力のある米子北の勢いも侮れない。
第1回大会から参加し、"皆勤"で100回目の夏を迎える鳥取西、米子東の躍進にも期待が高まる。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方