アメリカの次に多いのは8人のあの国。12球団助っ人外国人の出身地・最新トレンド

4/11(火)0:00


 アメリカが優勝したWBC。侍ジャパンの健闘ぶりが印象に残る一方で、NPBに在籍した、在籍している選手たち、たとえば、バレンティン(オランダ代表)やマシソン(カナダ代表)、デスパイネ(キューバ代表)らが母国の栄誉を背負って奮闘したのも目立った大会だった。

 昔も今も、助っ人外国人といえばアメリカ出身の元メジャー選手が多いのは事実。しかし、現在はアメリカ以外にも様々な国の助っ人が来日している。

アプリで読む

新着記事

人気記事

注目特集記事

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#3
  3. アメリカの次に多いのは8人のあの国。12球団助っ人外国人の出身地・最新トレンド

野球太郎Pocket週刊野球太郎
野球の見方が変わるスマホマガジン

プロ野球、高校野球、ドラフト情報、大学、社会人、独立リーグ、メジャーリーグの最新記事をまとめ読み!

Androidの方は公式Webサイトへ

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.