週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【プロ野球「あいつ今季、何してた?」野手編】プリンス・堂林翔太、待機中のキドコロらは今季……

【プロ野球「あいつ今季、何してた?」野手編】プリンス・堂林翔太、待機中のキドコロらは今季……

 毎年、100人前後の選手が入団するプロ野球の世界。早い段階でチャンスをものにできなければ、あるいはブレイクしかけても持続して活躍できなければ出番は減少。やがて、忘れられたかのようにひっそりと球界から去ることになってしまう。それだけ厳しい世界なのだ。

 近年でもちょっと前に活躍していたのに、名前を聞かなくなった選手は多い。週刊野球太郎では連載『2017年プロ野球「あいつ今季、何してた?」』で、今シーズン「消えた(ように見える)選手」を、近況を交えて取り上げたい。前回の投手編に続き今回は投手編。

「キドコロ待機中」で大ブレイクした後は……


 もともと打撃は期待薄で、守備固め・代走要員として活躍していた城所龍磨(ソフトバンク)。しかし、昨季の交流戦で打率.415、5本塁打、12打点、6盗塁という突然変異の大活躍でMVPに輝いた。イチロー(マーリンズからFA)が身につけていたり、思いがけないバットでの活躍により、Tシャツ、タオルなどのグッズに銘打たれた「キドコロ待機中」のフレーズが浸透し、知名度は大幅にアップした。結局、シーズンを通してキャリアハイの162打席に立ち、打率.264をマーク。その勢いのままに今季もスタメン定着を目指しのだが……わずか2試合の出場に終わり、3打数ノーヒット。シーズンのほとんどを2軍で過ごし、結果を残せなかった。

 しかし、2連敗で迎えた楽天とのCSファイナルステージ第3戦でスタメンに抜擢。2安打、1犠打と2番打者としての役割を果たし、悪い流れを断ち切る働きを見せた。日本シリーズにも出場し、最後の最後でなんとか面目を保ったかっこうだ。

 来季は2年契約の2年目、勝負の年だ。「待機中」ではなくスタメン定着を目指したい。

プリンスと呼ばれた男・堂林翔太は今……


 中京大中京高時代にはエース兼4番で臨んだ2009年夏の甲子園で優勝に輝き、同年のドラフト2位で広島に入団した堂林翔太。3年目の2012年は全試合出場を果たすなど広島の将来を担う逸材と目されていた。2013年には野村謙二郎監督(当時)が現役時代に背負っていた背番号「7」を与えられている。ルックスのよさもあり「プリンス」と呼ばれ、人気も期待もうなぎ登り。まさに堂林は「広島の未来」だった。

 しかし、打席数は2012年から554、410、330、73、60、54と激減。当初の三塁だけでなく、一塁や外野でも出場機会をうかがうものの、結果はついてこない。三塁は安部友裕、一塁と左翼は新井貴浩、エルドレッド、バティスタ、松山竜平と越えなければいけない壁は高く、現状、跳ね返されている。

 しかし、リーグ4位の打率.310とブレイクした安部は、今季が高卒10年目のシーズンだった。来季が高卒9年目となる堂林にもまだチャンスはあるはず。プリンスの目覚めを待ちたい。


ハマのイケメン「関根きゅん」は……


 2013年ドラフト5位で愛知が誇る私学4強の一角、東邦高からDeNAへ入団した関根大気。イケメンの関根はSNSなどで「関根きゅん」と呼ばれ、一部での人気は非常に高い。もちろん、プレー面での期待も大きく、2年目の2015年は55試合、2016年は70試合と出場機会を増やしたが、今季はわずか29試合の出場に留まった。

 関根が競うDeNAの外野には筒香嘉智、梶谷隆幸、桑原将志がレギュラーとして君臨。乙坂智、荒波翔らが控えにおり、期待のスラッガー・細川成也もいる。さらにはドラフト2位で即戦力候補の神里和毅(日本生命)が入団した。関根がレギュラーになるには、彼らとの競争を勝ち抜かなければならない。

 幸いラミレス監督は若手にも多くのチャンスを与えるタイプだ。桑原は昨季からのチャンスをものにし、今季はレギュラーの座を奪った。関根もまずは2軍で結果を残し、桑原同様にチャンスをつかみたい。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方