週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

メジャー通算51勝。41歳・大家友和がナックルボーラーとしてメジャー再挑戦! カムバックなるか?


 メジャーリーグ6球団を渡り歩いて挙げた勝ち星は通算51勝。この日本人メジャーリーガー歴代5位の成績を残したのが大家友和だ。

 3月18日に41歳の誕生日を迎える大家は、2009年以来となるメジャーリーグのマウンドを目指して渡米した。

日米の球団を渡り歩いた男が出合ったナックルボール


 大家は京都成章から1993年秋のドラフト3位で横浜入り。1年目の4月に早くも1軍初勝利を挙げたものの、1998年までの5年間でそれが唯一の勝利となった。

 その後、メジャー挑戦を球団に直訴し、了承を得て自由契約に。そこからレッドソックスのマイナー契約からメジャー昇格を果たした。さらにエクスポズ、ナショナルズ、ブリュワーズ、ブルージェイズ、インディアンズと渡り歩いてトータル202試合に登板。冒頭でも触れたように51勝(68敗)を挙げた。

 その後は、横浜に復帰。2010年は7勝を挙げたが、2011年は未勝利に終わり自由契約に。ここで転機が訪れる。

 この年の秋に肩の手術をした影響もあって、思うように投げられなかったが、そこで「試しに投げたらうまくいった」とナックルボールと出合う。本格的なナックルボーラーへの転身を決意したのだった。

オリオールズとマイナー契約へ


 横浜退団後、大家は居場所を求めて日米の独立リーグを回る。昨年はBCリーグの福島ホープスでプレー。磨き上げてきたナックルボールを武器に7勝4敗と結果を残した。

 自信をつけた大家は、昨年秋にアメリカでテストを受け、オリオールズ関係者の目に留まる。マイナー契約ではあるが、アメリカで再挑戦する資格を得たのだ。

 年末年始は地元の京都で自主トレを行い、2月に渡米し、マイナーのキャンプに参加。ブルペンだけでなく、2月末には打撃練習にも登板するなど、調子を上げている。


メジャーには42歳のナックルボーラーがいる


 メジャーには、2012年のサイ・ヤング賞を獲得したR.A.ディッキー(ブレーブス)、2016年は13勝を挙げたスティーブン・ライト(レッドソックス)といったナックルボールを決め球にしている現役投手がいる。ライトは32歳だが、ディッキーは42歳で、日本風に言えば大家よりも学年がひとつ上だ。

 ナックルボールの球速は、通常のストレートよりもかなり遅く、ディッキーでも120キロ程度。それでも無回転で不規則に変化するため、バッターは芯でとらえるのが難しい。大家は110キロ程度で、ここからさらに球速を上げられるかもポイントとなる。

 2014年にも、大家はブルージェイズのスプリングキャンプに招待選手として参加したが、開幕を待たずに解雇されている。日米で多くの球団を渡り歩いたベテラン右腕が、ナックルボールというファイナルウェポンを身につけ、カムバックできるかどうか。

 かの地での登録名「Tomo Ohka」がメジャーのスタジアムでコールされれば、これほどの快挙はない。

(※写真は2011年、横浜時代のもの)


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方