週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

新生・ロッテで中村奨吾が打率7割超え。いきなり絶好調、オープン戦で出足良好な選手たち!

新生・ロッテで中村奨吾が打率7割超え。いきなり絶好調、オープン戦で出足良好な選手たち!

 各地でオープン戦が開幕し、いよいよプロ野球シーズン到来の足音が聞こえてきた。少し気が早いかもしれないが、オープン戦開幕からいきなり好成績を残し、ファンを喜ばせている選手を紹介しよう。

(成績は3月6日時点)

元気一杯のロッテ打線


 井口資仁新監督の元でオープン戦開幕3連勝を挙げた新生・ロッテ。活躍を見せているのは、3番を任されている中村奨吾だ。3試合で打率.778(9打数7安打)、4四死球に犠飛2本。恐ろしいほどの絶好調スタートを決めている。

 まだ3試合とはいえ、他にも鈴木大地が打率.500(10打数5安打)、荻野貴司が打率.444(9打数4安打)、加藤翔平も打率.800(5打数4安打)を記録している。この調子を開幕まで持続できれば、他球団にとって脅威なはずだ。

広島の控え陣も気迫


 スタメンがほぼ固まっている広島だが、控え選手もここが勝負と言わんばかりの気迫を見せている。

 下水流昂が打率.545(11打数6安打)をマークすれば、メヒアも打率.500(12打数6安打)で3本塁打をかっ飛ばした。昨年10月のみやざきフェニックス・リーグで打率4割超をマークし、厚い内野陣に挑む美間優槻も3試合で打率.444(9打数4安打)の猛アピールを見せている。

 緒方孝市監督にとっては悩ましい状況になりそうだ。


スラッガー候補も長打でアピール


 日本ハムの大砲候補・森山恵佑も一皮剥けてきた。2月24日の中日戦では「7番・一塁」で出場し、1試合2本塁打を記録。高卒ルーキーの清宮幸太郎に負けられないと意地を見せている。

 将来の4番候補と目される楽天・内田靖人も絶好調だ。ここまで練習試合、オープン戦を含め、対外試合で3本塁打。昨季は18本塁打で森山とともにイースタン・リーグ本塁打王に輝いた。高卒5年目、いよいよブレイク間近か。

 若手スラッガーの奮闘からも目が離せない。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方