週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

2016年の勝ち頭・山口俊の流出危機。来シーズンのDeNAのエースを担うのは誰だ!


 2016年シーズンは念願のCS進出を果たしたDeNA。チームは順調に前進し続けるに思われているが、果たしてうまくいくだろうか。

 2016年シーズンの勝ち頭となった山口俊はFA権を行使しての巨人移籍が確定的と言われている。山口は11勝5敗とDeNA投手陣のなかで唯一の2ケタ勝利挙げたが、もし移籍となった場合、その穴を埋めることが必須となる。現メンバーでどこまで勝ち星を補うことができるのか皮算用してみる。

侍JAPANにも選出、次代のエースを狙う石田健大


 今シーズン、山口に続く勝ち星を挙げたのは9勝4敗の石田健大。先日、メキシコ、オランダと強化試合を戦った侍JAPANのメンバーにも選出された。

 また今シーズンは、DeNA投手陣のなかで最多先発数となる25試合に先発。今季蓄積した疲労は心配されるが、若さで2ケタ以上の勝ち星を積み重ねることを信じている。物静かな性格だが秘めた闘志に期待したい。


2ケタ勝利へ向け実力十分の今永昇太


 今シーズンは8勝9敗と惜しくも2ケタ勝利には届かなかった今永昇太。だが、今シーズンはあくまでルーキーイヤー。勝ち運に恵まれなかった序盤戦を考えると、2017年は2ケタ勝利が十分に期待できる。

 思慮深いインタビューのコメントから「投げる哲学者」とも言われる今永。2ケタ勝利は簡単ではないかもしれないが、そのブレないメンタル力で2017年のエースに成長するはずだ。

予測不能の「宇宙人」井納翔一


 DeNAの次代のエースと嘱望されて久しい井納翔一。プロ入り4年目の今シーズンは7勝11敗に終わった。

 しかし、今シーズンは度々山口の穴を埋める活躍も見せた。まずは開幕戦、開幕投手を言い渡されていた山口は足首の捻挫により登板できず。その代役を果たした井納は勝利を収めた。

 また、オールスターゲームでも、監督推薦により選出された山口が足首を捻挫した際に、代役を務めた。どことなく井納と山口には運命のあやを感じる。

 井納は、CSでは重要な初戦で勝ち星を挙げ、ファイナルステージでは連敗を阻止する勝利を挙げた。そこでは普段とは違う気迫を前面に出したピッチングを見せ、新たな一面を披露した。大舞台を経て大きな成長を遂げている。一皮むけたピッチングで、来季は7勝以上を期待しても大丈夫だろう。


伏兵として活躍するのは誰だ!?


 ローテーションの一角を狙う投手はまだいる。三嶋一輝は、今シーズンは後半戦からの1軍マウンドだったが、来季に期待を抱かせるピッチングを見せた。また、先のドラフトで獲得したルーキー、濱口遥大(神奈川大)、水野滉也(東海大北海道)、尾仲祐哉(広島経済大)らが、開幕から頭角を現してくれれば山口の穴は埋まり、今シーズンを上回る勝利数を見込めそうだ。


文=元井靖行(もとい・やすゆき)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方