週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

いよいよ対履正社との決戦間近!果たしてこの企画は存続できるのか?

"【この記事の読みどころ】
・大阪桐蔭の勝ち上がりとOBプロ選手の本塁打の相関性を探る!
・今週のOBの本塁打は意外と少なかった?
・大阪桐蔭で注目すべき選手はこの選手!

"  先週からはじまった「大阪桐蔭vs.出身プロ ホームラン競争」の第2回。

 企画趣旨は前回お伝えした通り、「大阪桐蔭の勝ち上がりとOB選手の本塁打に相関性はあるのか!?」がメインテーマ。それを検証し、大阪桐蔭と出身プロを(勝手に)ホームラン競争させてみよう! という実験的企画だ。

 19日(日)に大阪桐蔭が初戦を迎えるので、最初の対戦は「オールスターゲームでのOBの本塁打数vs.大阪桐蔭初戦の本塁打数」としてみたい。

 今年のオールスターゲーム(17日に東京ドーム、18日にマツダスタジアム)には、中田翔(日本ハム)、中村剛也、浅村栄斗、森友哉(以上西武)、平田良介(中日)と5人の大阪桐蔭OBが選ばれている。大物狙いがデフォルトのオールスターゲームで、果たして本塁打が生まれるのかに注目していきたい。

▲6月19日以来、本塁打が1本も出ていない平田良介(中日)

次回からは大阪桐蔭はOBの「1週間の合計本塁打数」と対決


 中村や中田などホームランバッターを擁するOB軍団において、「1週間の本塁打数」というと、莫大な数になりそうなイメージだ。

 しかし、7月6日から12日の1週間における大阪桐蔭OBの本塁打数をカウントしてみると、合計3本。

・中田 翔(日本ハム)1本
・浅村栄斗(西武)  1本
・岡田雅利(西武)  1本

 現在本塁打王の中村にブレーキがかかったことも影響し、このような結果となった。ちなみに、岡田はプロ初本塁打。きっと「夏に強い大阪桐蔭」の血が騒いだのだろう。

 もし、大阪桐蔭が勝ち抜けば、来週からは週2〜3試合の連戦。すさまじいメンツのOBたちに週の本塁打数で勝つことも可能だろう。

 ただ、前回もお伝えしたとおり、大阪桐蔭の初戦は最大のライバルと言っても過言ではない強豪・履正社が相手。大阪桐蔭が初戦で敗退した場合、来週の結果報告を最後に、この企画はぱったりと姿を見せなくなる可能性も……。

大阪桐蔭を引っ張る期待の好選手たち


 本企画でOBとのホームラン競争に挑む大阪桐蔭だが、今年も例年通り期待の逸材が目白押しだ。さっそく大阪桐蔭が誇る好選手を紹介しよう。

■青柳昴樹(3年/右投右打/外野手、一塁手)

 大阪桐蔭の4番を張りそうなスラッガー筆頭は青柳昴樹だ。
 182センチ83キロの恵まれた体格のスラッガーで、秋から今春のセンバツにかけて4番に座っている。

 メインのポジションはセンター。身体能力も優れており、走攻守揃った逸材との声も高い。打球の速さは高校球界トップクラス。堂々とした構えも歴代・大阪桐蔭4番を彷彿とさせる「風格」を感じさせる。

 しかし、センバツ後の春季大会では不調もあり、8番に降格することも。錚々たる面々の歴代4番からは一枚落ちるという評価もあるが、長打力はやはりずば抜けており、今回のホームラン競争のキーマンとなるだろう。


■吉澤一翔(2年/右投右打/捕手、三塁手、一塁手)

 一方で、ここに来て急上昇しているが2年生の吉澤一翔。春は青柳に代わって、4番に入る試合もあったニューホープだ。172センチ174キロと体格的には少し見劣りするが、森友哉(西武)のように小柄ながらもパワーを秘める逸材。

 センバツでの登録は捕手だったが、三塁、一塁もこなし、スタメンを勝ち取ってきた。次代の4番候補はこの夏、どんなバッティングを見せるのか!?


■藤井健平(3年/左投左打/外野手)

 この春、もっとも輝いたといえるのが藤井健平だ。昨夏の全国制覇時にもベンチ入りし、好素材といわれてきた藤井が、昨秋から大爆発。春季大阪大会でも8戦で4本塁打をかっ飛ばし、実力と勢いがいいバイオリズムを形成している。

 最後の夏となるが、力みなくスイングできれば、本塁打量産が十二分に可能。また、好調時には手に追えなくなる固め打ちも魅力的だ。

■福田光輝(3年/右投左打/遊撃手)

 抜群の身体能力と守備センス、シュアな打撃でドラフト候補といわれる大阪桐蔭のキャプテン・福田。1年生にして大阪桐蔭のレギュラーをつかんだ逸材だが、ここ最近は右手首の不調で欠場しており、夏に向けての状態は不明だ。

 センバツでは常総学院戦で本塁打を放つなど、この対決でも期待したいところだが、どちらかというとアベレージタイプ。右手首の状態次第だが、大勝が予想される序盤戦で本塁打を稼いでいきたい。

 他にも、小柄ながら小力がある1,2番コンビの中山遥斗、永廣知紀も長打がある。このように、今年もどこからでも一発が飛び出てもおかしくない打線だ。

 というわけで、読者も筆者も大注目の大阪桐蔭対履正社の一戦は7月19日に行われる予定。果たして、大阪桐蔭は勝利して、この連載は続くのか? それとも、履正社が勝利して、この企画は終了するのか? 筆者の生活をもかけた試合は、間もなくプレーボールだ。


■プロフィール
落合初春(おちあい・もとはる)/1990年生まれ、広島県出身。編集者。大学時代から編集プロダクションで勤務し、野球や歴史の媒体制作に携わる。元プロレスレフェリー。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方