週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【崖っぷち選手は誰だ!(野手編)】阿部慎之助(巨人)らチームを支え続けたあの4人も後がない……

【崖っぷち選手は誰だ!(野手編)】阿部慎之助(巨人)らチームを支え続けたあの4人も後がない……

 先週、公開した「崖っぷち選手は誰だ!」の野手編に続いて、今回は野球人生の崖っぷちに追い込まれた野手をピックアップ。

 このようなテーマでとり上げるのは心苦しいことこの上ないが、それだけ、注目度も高く、ここまでの実績もトップクラスの選手ということ。だからこそ動向が気になってしまうのだ。年齢的な問題もあり簡単ではないだろうが、ぜひ、もうひと花を期待したい。

今季、区切りの数字を残した阿部も……


 5月20日のDeNA戦で2000試合出場、8月13日の広島戦では2000安打を達成。歴史に残る選手の仲間入りを果たしたと言っていい阿部慎之助(巨人)。

 ただ、今季の最終打撃成績は打率が.262でリーグ21位。本塁打は15本で同17位。打点は76で同12位。昨年に続いて3部門ともベスト10に食い込めなかった(昨季は打率.310も規定打席に届かず)。

 今オフには、村田修一が、チームの若返りを進めるために戦力外通告を受けた。村田より2歳上で来季開幕時には39歳となる阿部が、近い将来、同じように肩を叩かれることがあってもおかしくない。

 区切りの400本塁打まであと12本。来季、早めにこの大台を達成し、まだまだやれるところをアピールしてほしいが……。

打点王&優勝の立役者だったハタケ


 球界には「ケガさえなければ……」という選手は多い。畠山和洋(ヤクルト)はその最たる存在だろう。2015年は105打点を記録し、打点王のタイトルを獲得するとともに、優勝に大きく貢献した。しかし、アキレス腱痛などの故障により、2016年は45試合、2017年は15試合とまともに働けていない。

 すくい上げる豪快なスイングで一発を放ったかと思えば、右方向に器用に流し打つテクニックもある。ヤクルトファンならずとも打席が楽しみな好打者だが、それもフィジカルが整ってこそ。35歳のハタケの復活はあるか!?


ロッテ一筋、千葉出身の福浦


 今季終了までに1962安打を放ち、2000安打の大台まであと38本に迫っている福浦和也(ロッテ)。本拠地・ZOZOマリンスタジアムがある千葉市の隣、習志野市の出身で、習志野高校を経てロッテに入団した生粋の地元選手だ。

 2001年には首位打者に輝くなど、長らくロッテの大看板として存在感を放ってきた。マリーンズファンとしては未来永劫プレーしてほしい選手かもしれないが、この12月には42歳の誕生日を迎え、チームメイトの井口資仁が現役を引退したため、来季からは野手最年長世代となる。数字を残せなければ、あるいは故障でもしようものなら、ただちに選手生命の危機に直面してしまう。

 残り38安打は、全盛期であれば2カ月足らずでクリアできただろうが、ここ5年の年間安打数は32本、26本、47本、20本、30本。プロ25年目となる2018年は勝負のシーズンとなりそうだ。


メジャー経験者の賢介も来季次第では!?


 田中賢介(日本ハム)もうかうかしていられない。今季、本職である二塁での先発出場は50試合。ルーキーの石井一成が47試合、高卒3年目の太田賢吾が22試合、シーズン後半に打力で台頭してきた横尾俊建が13試合と若手に押され気味だ。とくに8月中旬以降は、ほぼ代打での起用となっていた。

 総合力ではまだ田中優位ではあるが、今後、これらの若手がさらに伸びてくるようだと、世代交代が一気に進む可能性はある。このオフの契約更改で変動する可能性はあるとはいえ、推定2億円の年俸はチームトップクラス。どこよりもシビアにそろばんを弾く球団だけに、来季のパフォーマンス次第では、オフに何らかの動きがあるかもしれない。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方