週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

ドラフト大特集! 櫻井周斗(日大三)に花咲徳栄のWエース。清宮幸太郎と戦った男たち

ドラフト大特集! 櫻井周斗(日大三)に花咲徳栄のWエース。清宮幸太郎と戦った男たち

 9月22日、早稲田実の清宮幸太郎が同校で記者会見を行い、プロ志望を明言。また、同じ日に履正社高の安田尚憲も履正社医療スポーツ専門学校茨木キャンパスでプロ志望を表明した。安田は当初からプロ志望を明言していたが、あらためて宣言した格好だ。

 これで「東の清宮、西の安田」と並び称された東西のスラッガーが出揃い、各球団の指名方針の策定作業もいよいよ大詰めを迎えることになる。そのなかで、あらためて高校生のドラフト候補を紹介したい。今回は、清宮と公式戦で戦ってきた選手たちだ。

花咲徳栄のWエースは春季関東大会で清宮と対戦!


 昨夏の甲子園を制した作新学院高はエースの今井達也(現西武)がほぼ1人で投げきった。しかし、今夏の甲子園覇者となった花咲徳栄高は、全6試合を2人のエースによる継投策で乗り切った。そのWエースを務めたのが侍ジャパンU-18日本代表にも選ばれた清水達也、そして綱脇慧だ。清宮がプロ志望を表明したその日にプロ志望届が受理され、公示された。

 今夏の甲子園では試合中盤からの起用が多かった清水。今大会唯一の150キロ超えを記録するなどストレートで押し込む本格派だ。身長182センチから投げ込む球には力があり、フォークで空振りを奪うこともできる。高卒ということもあり先発で育てたいところだが、松井裕樹(楽天)が抑えで成功している例を見ると、早くから中継ぎとして育てられる可能性もありそうだ。

 一方の綱脇は甲子園6試合で全てにおいて先発。最速141キロと決して球が速いわけではないが、制球がよくコントロールで勝負するタイプだ。決勝では中村奨成(広陵高)からスライダーで大会初三振を奪うなど変化球のキレもある。ドラフト上位は厳しいかもしれないが、下位指名はありえそうだ。

 今年、この両投手は春季関東大会で清宮と対戦している。先発した綱脇は清宮に高校通算94号となるソロ本塁打を浴び、清水は2本の適時打を打たれた。甲子園制覇を果たしたものの、清宮にはリベンジを果たしていない。春季大会の借りはプロの世界で返したい。

清宮から5打席連続三振を奪った櫻井周斗


 西東京における宿命のライバルといえば早稲田実と日大三高。この両校が死闘を繰り広げた昨年の秋季東京都大会決勝で、脚光を浴びることになったのが日大三高の左腕・櫻井周斗だ。清宮と公式戦初対決となったこの試合に敗れはしたものの、5打席連続三振を奪う快投を披露。5打席とも内角のストレートを見せ、最後は外角へ逃げるスライダーで打ち取るお手本のような配球だった。

 櫻井は1年時から野手としてレギュラーを獲得するなど打撃で注目されてきた選手でもある。2年時からは投手も兼任する二刀流としてプレー。ストレートと曲がりの大きいスライダーで頭角を現した。今年のセンバツでは履正社高の安田からも3打席連続三振を奪っており、公式戦において東西のスラッガーを封じた唯一の選手だ。

 ストレート、そしてスライダーが武器の高卒左腕で思い起こされるのは松井裕樹(桐光学園高→楽天)、小笠原慎之介(東海大相模高→中日)。松井はプロ入り後、チェンジアップに磨きをかけ、大きく羽ばたいた。小笠原も後に続こうとしている。櫻井ももう一つ武器となる変化球ができると、おもしろい存在になりそうだ。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方