週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

いよいよ土俵際!? 成瀬善久、武内晋一、比屋根渉ら来季が正念場のヤクルト選手たち

いよいよ土俵際!? 成瀬善久、武内晋一、比屋根渉ら来季が正念場のヤクルト選手たち

 長年、ヤクルトを支えてきた飯原誉士、昨オフに加入した榎本葵がともに戦力外。また、2軍で好投していた徳山武陽は難病の黄色じん帯骨化症発症後、1軍復帰は叶わず。来年から球団職員へと転身することになった。

 引退はプロ野球選手にとっての宿命ではあるが、1年後にも彼らと同じように何名かの選手が球団を去る。その瀬戸際にいる選手は誰か。ヤクルトで来季が正念場だと思われる選手を見ていきたい。

年俸86パーセント減の成瀬が危ない!


 投手陣では成瀬善久が瀬戸際だ。2014年オフにロッテからFAでヤクルトに加入するも、3年間でわずか6勝。今季は1軍デビューを果たした2006年以降、キャリアワーストとなる12試合の登板で未勝利。戦力になれなかった。契約更改では86パーセント減となる1億2400万円ダウンの2000万円(推定)でサイン。会見では「迷惑しかかけてない。なんとか契約させてもらった」とコメント。来季は、ダメならクビを覚悟して臨むことになりそうだ。

 また、中継ぎの平井諒も追い込まれている。右肩の故障もあり一時的に育成契約となっていたが、2016年のシーズン半ばに復帰。33試合を投げて1勝1敗7ホールド、防御率2.81と復活し、今季は中継ぎの一角として期待されていた。しかし、再び右肩痛の影響で登板はわずか4試合。防御率10.13と散々な成績だった。2軍では17試合で2勝5セーブ、防護率4.76と防御率は物足りないが、及第点か。しかし、1軍で結果を残せなければ、来オフも契約更改とはならないかもしれない。

 幾度となく故障からよみがってきた館山昌平も今季はわずか2試合の登板に終わった。来季は3年契約の3年目。自身の引き際を考えることにならないよう、復活を期待したい。

飯原と同期の武内の奮起に期待


 野手に目を向けると武内晋一が気になる。2014年以来3年ぶりに100打席以上のチャンスがあったものの打率.204(93打数19安打)。畠山和洋の離脱があり、レギュラー奪取のチャンスだったが生かすことができなかった。今季、同期の飯原が戦力外となり、武内にも焦りはあるだろう。再びレギュラー争いに加わりたい。

 外野手では比屋根渉の名前が挙がる。リーグ優勝を果たした2015年にはおもに1番打者として84試合に出場したがその後、出場機会は減少。今季はキャリア最少となる35試合の出場に終わっている。同じ右打ちの外野手である塩見泰隆(JX-ENEOS、4位)が加入し、来季は正念場となりそうだ。

 来季の成績によっては戦力外となりそうな5人の選手たち。しかし、今季の悔しさをバネに「まだまだやれる」姿を見せることができれば、契約更改につながるだろう。また、レギュラー争いに加わることはもちろんだが、戦力外とならないように努力する姿を見せることで、チームが活性化することを期待したい。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方