週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

安部友裕(広島)は6、武田翔太は18に。背番号に秘められたドラマをクローズアップ!

安部友裕(広島)は6、武田翔太は18に。背番号に秘められたドラマをクローズアップ!

 各選手に与えられる背番号。そこには過去の選手たちの足跡が詰まっており、単なる数字では片づけられないドラマが潜んでいる。

 今季も何人かの選手が背番号を変更した。なかには「おや?」と思わせる番号になった選手もいる。今回は、そのなかから3人の選手をピックアップし、新背番号を考察してみたい。

当然の背番号変更


■安部友裕(広島):60→6

 昨季は2年連続となる100試合以上の出場となった安部友裕(広島)。初の規定打席に到達して打率.310を記録するなど、レギュラーとしての地位を確立しつつある。

 今季は背番号を「60」から「6」に変えてシーズンに臨む。広島の「6」といえば、今オフに自由契約となった梵英心が背負い、かつては小早川毅彦も背負った内野手の良番だ。

 小早川も梵も広島ファンにとっては印象深い選手だった。今後、安部が2人の影を拭って、「6」を「自分の番号」にしていけるか注目したい。

「18」にかかる呪いを解き放て


■武田翔太(ソフトバンク):30→18

 プロ野球界におけるエースナンバーといえば「18」。ソフトバンクでは新垣渚(引退)と松坂大輔(中日)が背負ってきたが、ここ10年の彼らの成績を見ると「背番号が泣いている」……と言いたくなる。

 そんな逆風のなか、今季から武田翔太が「18」を背負うことになった。昨季は6勝に終わり、2シーズン続けていた2ケタ勝利が途切れたものの、CSと日本シリーズで好投。あらためて実力を証明した。

 武田ならソフトバンクの背番号「18」にまつわる負の連鎖を、必ずや断ち切ってくれるだろう。


名手の仲間入りができるか


■桑原将志(DeNA):37→1

 リードオフマンとしてチームに勢いをもたらし、日本シリーズ出場に貢献した桑原将志(DeNA)。今季から背番号「1」を背負うことになった。

 桑原の前に「1」を背負っていたのは投手の熊原健人だったが、かつては近藤昭仁、山下大輔(ともに当時大洋)や金城龍彦といった歴代の名野手が背負ってきた。それだけに、レギュラーを獲得し、さらなる飛躍に期待がかかる外野手・桑原に渡るのは自然な流れだ。

 後々、DeNAの背番号「1」を振り返ったときに、近藤、山下や金城とともに桑原の名前も並ぶような活躍を見せてほしい。


背番号から見える球団の期待


 安部、武田、桑原以外では、今季から「25」を背負う岡本和真(巨人)も気になった。

 昨季まで村田が背負った「25」だが、ほかのチームまで見渡すと筒香嘉智(DeNA)の背番号でもある。村田の役目を継ぎ、筒香に並ぶ……。筒香との関連はあくまで筆者の想像だが、球団の岡本にかける思いが透けて見える。スラッガーとして成長できるか注目したい。

 ちなみに西武ファンは、西武に復帰した松井稼頭央がまた「7」を背負ってくれるのがたまらなくうれしい。スポーツ新聞で「7」のユニフォーム姿を見たときは、思わず声が出てしまった。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方