週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

青木宣親がヤクルト復帰! 新庄剛志ら日本人メジャーリーガー外野手の復帰初年度の成績を見ると……

青木宣親がヤクルト復帰! 新庄剛志ら日本人メジャーリーガー外野手の復帰初年度の成績を見ると……

 6年間のメジャー生活を送っていた青木宣親のヤクルト復帰が決定。帰国後、さっそくキャンプ地の沖縄に入り、2月6日には入団会見を行った。昨季、最下位に終わった古巣の巻き返しに際して、いきなりチームリーダーとしての働きが求められる。

 ただ、いかに実力者の青木とはいえ、久々の日本球界で、浦島太郎状態にならないとも限らいない。そこで、過去に日本球界へ復帰のメジャーリーガー、特に青木と同じ外野手に絞って、日本復帰初年度の成績を振り返ってみたい。

新庄剛志


メッツ→日本ハム(2004年)
123試合:打率.298/24本塁打/79打点

 3年間のメジャー暮らしを終え帰国した新庄剛志。「メジャーでもセ・リーグでもなく、これからはパ・リーグです!」と高らかに宣言して、日本ハムに入団した。

 2004年シーズンの開幕時点で32歳。登録名を「SHINJO」とするなど話題先行かと思われたが、主に1、2番を打ち、24本塁打、79打点をマーク。これは渡米前年にあたる2000年(当時阪神)に次ぐ自身2番目の成績で、150安打はキャリアハイ。ベストナインにも選出された。メジャーを経験したことでさらにひと回り大きくなった印象を与えた復帰1年目だった。


田口壮


カブス→オリックス(2010年)
53試合:打率.261/3本塁打/10打点

 メジャーでは8年間プレーしたものの、スーパーサブ的な立場のほうが長かった田口壮。あの当時、「もっと使えば活躍するのに」とヤキモキしていたオリックスファンも多かったのではないだろうか。2010年、古巣・オリックスのユニフォームで迎えた開幕時は40歳。ケガもあって53試合の出場にとどまった。

福留孝介


ヤンキース(マイナー)→阪神(2013年)
63試合:打率.198/6本塁打/31打点

 米国で5年間、プレーした福留孝介。2012年シーズンを終えての帰国表明により複数球団が獲得に動く中、福留が移籍先に選んだのは阪神だった。1年目から期待は大きかったが、日本復帰初年度(2013年)の開幕時点で35歳。ひざやふくらはぎなど下半身の故障が相次ぎ、出場数は63試合と年間全試合の半分以下。打率も2割を切る大不振に終わった。ただ福留は、そのどん底から巻き返し、今季開幕時は40歳ながら阪神の大黒柱として頑張っている。


青木は今季開幕時36歳


 日本復帰初年度は、開幕時点で32歳だった新庄は結果を残し、35歳だった福留、40歳だった田口は持ち味を発揮できたとは言い難く、明暗が分かれた。ちなみに青木は、今季開幕時36歳で福留と田口の間。果たして、前年最下位のヤクルトの救世主となれるか?


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方