週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

球界随一の強力打線はクリーンアップが2つ組める!? 2018年の西武打線を徹底予想!

球界随一の強力打線はクリーンアップが2つ組める!? 2018年の西武打線を徹底予想!

 昨季は怒涛の巻き返しで2位をもぎ取った西武。なんといっても“新たな顔”が加わった強力打線の破壊力はすさまじいものがあった。これまでになく打線に駒が揃い、投手陣はともかく打撃戦上等の構え。2018年の西武打線を徹底予想してみた。

西武打線2018:プランA


1(中堅):秋山翔吾
2(遊撃):源田壮亮
3(二塁):浅村栄斗
4(一塁):山川穂高
5(DH):森友哉
6(三塁):中村剛也
7(右翼):外崎修汰
8(捕手):炭谷銀仁朗
9(左翼):金子侑司

 ファーストプランは昨季終盤と変わらず。山川穂高、森友哉がスラッガーの世代交代を起こせば、非常に面白い展開になってくる。外野では機動力のあるメンバーもいれば、栗山巧、坂田遼、愛斗など打力に期待できる選手も揃っており、一塁・DHではメヒアも控えている。

 二塁・浅村栄斗、遊撃・源田壮亮、三塁・中村剛也に加えて、中堅・秋山翔吾がフル稼働すれば、安定した強打線になる。野手選手層の厚さは球界随一になった。

西武打線2018:プランB


1(中堅):秋山翔吾
2(捕手):森友哉
3(二塁):浅村栄斗
4(一塁):山川穂高
5(三塁):中村剛也
6(DH):メヒア
7(右翼):外崎修汰
8(左翼):金子侑司
9(遊撃):源田壮亮

 森友哉もまだまだ正捕手獲りを諦めてはいない。森を捕手で起用すれば打線はさらに重厚になる。昨年7試合で採用された「2番・森」も大いにありだ。うち1試合は捕手起用だった。

 実は防具装着の関係もあり、2アウトで打順が巡ってくるのを嫌う捕手も多い。2番に捕手を置くことで1回の攻撃は確実に打席に集中して臨むことができるメリットもある。さらに1番の秋山翔吾は二塁打が多いので、スラッガーが2番で登場すれば得点効率は上がるのではないだろうか。

 機動力のある下位打線からの繋がりは擬似クリーンアップにもなる。史上最強の強打線になるかもしれない。


西武打線2018:プランC


1(中堅):秋山翔吾
2(遊撃):源田壮亮
3(二塁):浅村栄斗
4(一塁):山川穂高
5(三塁):中村剛也
6(左翼):金子侑司
7(右翼):外崎修汰
8(捕手):森友哉
9(DH):メヒア

 20年に1度ぐらいしか提案する機会がないが、「ダブルクリーンアップ」も見てみたい。6〜7番が出塁し、8〜1番で返す形で2つのクリーンアップを同居させる。スラッガーが揃ったときによく議論されるが、今年の西武は長打力と機動力をバランスよく兼ね備えており、実現のチャンス。辻発彦監督、ぜひとも幻の「ダブルクリーンアップ」を見せてください!


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方