野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
高校野球の選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

《高校野球ニュース・関東地区》100号を目撃せよ。「AbemaTV」が清宮幸太郎を生中継!

2017-05-30(火)12:00

AbemaTVで生中継が決まった早稲田実業・清宮幸太郎

 週刊野球太郎では『夏まで待てない! 春の高校野球ニュース!!』を連載。「あの強豪校は?」「あのドラフト候補の調子は?」「あの地区のライバル対決は?」など、気になる春の高校野球情報をドドンとお届けしていく。

 5月28日、沖縄での招待試合で高校通算96号本塁打を放った清宮幸太郎(早稲田実、3年)。行く先々でフィーバーを巻き起こしているが、本人も役割を自覚しており、取材でもしっかりと受け答えしている。

 さながらプロ野球選手のようだが、インタビューの様子を見るたびに大人びた印象を強く受けるのは、筆者だけではないだろう。

 今回はそんな清宮の近況を中心に、浦和学院の優勝で幕を閉じた春季関東大会を見ていこう。

◎95号を放つも無念のベスト8敗退


 春季関東大会の準々決勝、早稲田実は昨夏の甲子園優勝校・作新学院と相対した。

 大会きっての好カードと目されたこの試合で、清宮は「打った瞬間にそれとわかる」大きな一発(高校通算95号)を放つも、早稲田実は4対8で敗退。作新学院に軍配が上がった。

 ちなみに、このホームランボールはひたちなか市民球場の裏手にある森へと消えていったが、観戦者の捜索により発見。係員を通して清宮へ手渡された。


◎ちばりよ〜! 清宮、沖縄でも魅せる


 関東大会の敗戦から約1週間後、早稲田実は沖縄県高校野球連盟による招待試合に参加。早稲田実対春季沖縄県大会ベスト4のチームという形で4試合が組まれた。

 清宮は3試合目の美来工科戦で高校通算96号を放ったが、試合は5対7で美来工科に敗れた。なお、本塁打が出なかった1、2戦目は早稲田実が勝利。本塁打が勝利に結びつかない、もどかしい展開で沖縄遠征を終えた(4試合目は雨天中止)。

 チームの結果が出るに越したことはないが、現時点では打撃好調ならばOKか。夏に向けて自身の調子を維持しながら、主将として、課題の投手陣も含めたチームの状態を上向きにしていきたい。

◎インターネットで緊急生中継


 先週の当連載で、「清宮、『逃げ恥』超え!?」という話題を取り上げた。

 RKK招待高校野球大会での早稲田実対秀岳館戦を、RKK(熊本放送)がライブ配信したところ、同局史上最多の2万8000回の視聴数を記録。それまでの最多視聴数だったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の関連映像の記録を超えたというものだ。

 「何とかして清宮を見たい」という高校野球ファンは全国にいる。そこで、再びインターネットテレビ局が動くことに。6月3、4日に行われる愛知での招待試合(4試合)が「AbemaTV」で中継されることになったのだ。

 早稲田実と対戦するのは中京大中京、桜丘、至学館、享栄。野球どころ愛知の強豪が揃った。あと3本に迫る節目の100号本塁打が、この招待試合中に飛び出す可能性もある。全国からの視線が愛知で戦う清宮に注がれることだろう。


◎高校通算最多本塁打「107発男」の今


 清宮が本塁打を打つたびに脚光を浴びるのが、高校通算本塁打ランキング1位の107本。

 この記録を打ち立てたのは山本大貴さん(元神港学園)。高校卒業後に進んだ社会人野球のJR西日本を昨年限りで引退し、今はJR西日本の駅員として働いている。

 2位の黒瀬健太(初芝橋本→ソフトバンク)に11本の大差をつけているので、自身の記録が抜かれる日がくるとは思っていなかったかもしれない。

 しかし、最近の山本さんのインタビューを読むと、プロ野球を背負って立つ男と期待せれる清宮に追い越されるのは本望といった心情を述べた。


◎清宮の弟分はマルチプレイヤー


 早稲田実で清宮と3、4番コンビを組む野村大樹(2年)は、大谷翔平(日本ハム)もビックリの「三刀流」(?)。

 沖縄での招待試合では、1試合目に捕手でフル出場。2試合目に三塁からのリリーフ投手と重要なポジションを次々とこなした。

 投手としては、最速135キロのストレートにスライダー、カーブ、スプリットなども操る。「投手・野村」がものになれば、チーム力の底上げがなされ、来年につながる。その行方を楽しみに追いたい。


◎虎視眈々と夏に向けて爪をとぐ


 夏の西東京大会で、早稲田実の最大のライバルと目されている日大三。

 昨秋の東京大会決勝で清宮から5三振を奪った左腕・櫻井周斗(3年)と、パワーあふれる打棒が売りの主砲・金成麗生(3年)のコンビが注目だが、夏を勝ち抜く秘策として金成の投手再転向プランを立ち上げた。

 元々は投手だったが、打撃を優先するため一塁へコンバートされた金成。しかし、関東大会の準々決勝・霞ヶ浦戦で公式戦初先発。いきなり150キロを繰り出した。

 「成長しているのは清宮だけじゃない」と言わんばかりの投げっぷりに、スカウトもド肝を抜かれ、「大谷翔平級」の声も挙がった。課題の制球力を改善させれば、夏も「投手・金成」の出番はあるか?


◎時間は短いようで…、まだまだ長い?


 春季関東大会は浦和学院が東海大相模を3対2で下して優勝を決めた。

 浦和学院で注目したいのは「ウラガクの大魔神」こと佐野涼弥(2年)。投手としては8、9回をきっちりと0点で締めてクローザー役を全うし、打者としては終盤の満塁のチャンスで勝ち越し投犠打を決めるなど、投打できっちりと仕事をこなした。

 ただ、抑えはあくまで今大会までの暫定的なもの。浦和学院の森士監督は先発として期待しているようだ。

 夏まで考えると時間は短いが、まだ2年生。来年をも見据えた取り組みに期待したい。


◎高校レベルではもはや「生ける伝説」


 一挙手一投足が注目される清宮。本塁打を打たなくてもニュースになるが、順調に本塁打を積み上げながら、話題を提供しているのだから恐れ入る。

 ニュースで目耳にする度に、その立ち振る舞いも高校生離れしていると再認識させられる。高校球界では押しも押されぬレジェンドクラスだ。

 夏までにどれだけの清宮ニュースがメディアで踊るのか。こうなったらミーハー気分で思いっきり楽しみたい。


文=森田真悟(もりた・しんご)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 高校野球・ドラフト情報コラム&ニュース一覧#5
  3. 《高校野球ニュース・関東地区》100号を目撃せよ。「AbemaTV」が清宮幸太郎を生中継!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.