野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
高校野球の選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

《WBC出場選手・状態チェック》明暗分かれた投手。菅野智之(巨人)、松井裕樹(楽天)は絶好調も…

2017-05-09(火)12:00

WBCの影響を全く感じさせない投球を続ける菅野智之(巨人)

 2017WBCで日本代表は2大会連続の準決勝敗退に終わったものの、死力を尽くして戦った。

 早仕上げの調整、激闘の疲労など、例年とは違うコンディションで開幕を迎えた侍ジャパンのメンバーたちは、どんな成績を残しているのだろうか。

 開幕から約1カ月が経った今、週刊野球太郎では連載『WBC燃え尽き症候群!? WBC出場選手の状態チェック!』で、WBCに出場したNPB選手とメジャーリーガーの状態を検証。今回は侍ジャパンの投手陣を見てみる。

◎日本のエース菅野智之は絶好調も……

 離脱した大谷翔平(日本ハム)に代わり、の侍ジャパンのエースを全うした菅野智之(巨人)。準決勝のアメリカ戦ではメジャー打線を完全に封じ込める好投を見せた。

 通常ならば開幕投手を務めるところだが、今シーズンはWBCでの疲労を考慮して、開幕戦を回避。2カード目のDeNA戦の初戦で登板し、7回1失点の好投で今季初勝利。続く広島戦こそ6回途中5失点と打ち込まれてしまったが、その後は、3戦連続完封勝利をマーク。絶好調を維持している。

 対照的なのが石川歩(ロッテ)と武田翔太(ソフトバンク)だ。石川は菅野同様に2カード目の頭に先発し、5回2失点(自責点1)ながら敗戦投手に。その後も勝ち星はつかず、3連敗で登録抹消。5月末からの交流戦で1軍復帰を目指し調整中だ。

 武田は初登板で5回3失点。勝ち星こそついたものの、2戦目は6回途中4失点でKO。右肩の故障で登録を抹消された。

 則本昂大(楽天)、千賀滉大(ソフトバンク)、藤浪晋太郎(阪神)は先発の役割を果たしている。則本は3試合連続2ケタ奪三振をマークするなど好調で、3勝1敗。千賀は初戦こそ打ち込まれたが、その後3戦連続で8回を投げるなど調子を取り戻した。藤浪は一時、インフルエンザで離脱したものの復帰後に白星をマークした。

■WBC出場先発投手の成績(5月7日まで)
千賀滉大(ソフトバンク)
5試合/4勝1敗/投球回34/奪三振42/与四死球10/防御率3.71

武田翔太(ソフトバンク)
2試合/1勝1敗/投球回10.2/奪三振5/与四死球5/防御率5.91

石川歩(ロッテ)
3試合/0勝3敗/投球回13/奪三振13/与四死球9/防御率7.62

則本昂大(楽天)
5試合/3勝1敗/投球回34/奪三振44/与四死球11/防御率3.44

菅野智之(巨人)
5試合/4勝0敗/投球回39.2/奪三振37/与四死球8/防御率1.36

藤浪晋太郎(阪神)
4試合/3勝1敗/投球回25.1/奪三振11/与四死球22/防御率1.78

◎明暗が分かれた中継ぎ陣

 中継ぎ投手陣は明暗が分かれている。絶好調をキープしているのは松井裕樹(楽天)、牧田和久(西武)、秋吉亮(ヤクルト)。

 特に松井は神がかり的な投球を見せている。初失点を喫したのは、なんと4月29日の日本ハム戦。開幕から約1カ月もの間、得点を許さなかった。2015年に記録した33セーブ、防御率0.87の更新に期待が掛かる。また、牧田は10試合に登板して防御率0.00。完璧なピッチングを見せている。秋吉も3年連続70試合登板という偉業を達成できそうな滑り出しだ。

 一方、岡田俊哉(中日)は開幕から調子が上がらず、わずか4試合で登録抹消。5月に1軍に復帰後は、3試合に投げて無失点。ようやく復調気配を見せてきた。宮西尚生(日本ハム)は9試合に登板して防御率7.04。2試合連続で2失点を喫するなどピリッとしない。平野佳寿(オリックス)も2敗を喫するなど本来の力からすると今ひとつ。苦しい投球が続いている。

 昨季、途中から先発を務めた増井浩俊(日本ハム)は、今季はセットアッパーとして開幕を迎え、徐々に調子を上げてきた。離脱したマーティンに代わるクローザーとしての期待が掛かる。

■WBC出場中継ぎ投手の成績(5月7日まで)
増井浩俊(日本ハム)
12試合/3勝1敗/4セーブ/2ホールド/投球回13/奪三振19/与四死球1/防御率2.08

牧田和久(西武)
9試合/0勝0敗5H/10.1甲斐/奪三振7/与四死球0/防御率0.00

宮西尚生(日本ハム)
9試合/0勝1敗/6ホールド/投球回7.2/奪三振6/与四死球4/防御率7.04

岡田俊哉(中日)
7試合/0勝1敗/2ホールド/投球回5/奪三振3/与四死球1/防御率3.60

秋吉亮(ヤクルト)
13試合/3勝1敗/5セーブ/1ホールド/投球回13.1/奪三振9/与四死球2/防御率1.35

平野佳寿(オリックス)
14試合/1勝2敗/8セーブ/2ホールド/投球回14.1/奪三振11/与四死球4/防御率3.14

松井裕樹(楽天)
19試合/2勝1敗/13セーブ/2ホールド/投球回20/奪三振23/与四死球9/防御率0.45

(成績は5月7日現在)


文=勝田 聡(かつたさとし)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#2
  3. 《WBC出場選手・状態チェック》明暗分かれた投手。菅野智之(巨人)、松井裕樹(楽天)は絶好調も…

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.