週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 京都みどころ】素材度では投打で輝きを放つ龍谷大平安 連覇中の乙訓優位、100勝かかる平安は?

投手編〜乙訓と平安のWエースに注目

注目投手 川畑大地

センバツでも好投を見せた乙訓のWエースがこの夏も活躍を見せてくれるはずだ。
川畑大地は細身ながら140キロを超えるストレートを投げ、コントロールも抜群。
調子の波が少ない投手で安心して見ていられる。
左腕の富山太樹は勢いのあるストレートを投げ込む素材型。
変化球とのコンビネーションは抜群だが、制球力に少し不安を残す。

 乙訓の2人を超える素質を持つのが龍谷大平安の二枚看板だ。
島田直哉は最速148キロの本格派。
好調時は手が付けられないほどのボールを投げる。
小寺智也は最速143キロのストレートとスライダーの出し入れで勝負するタイプ。
確実に試合を作ってくれる好投手だ。

 投手陣の充実度なら東山も負けていない。
キレのあるストレートを投げ込む小山湧平、スライダー、カーブ、シンカーを操り、緩急自在に投げ分ける日柴喜風人、威力のあるストレートが武器の高橋健太郎と力のある投手が揃っている。

 将来的に大化けしそうなのが西成漱石(立命館宇治)。
189センチの長身から投げ込むストレートは角度があり、非常に打ちづらい。

 今井大志(京都翔英)はインコースを強気に攻められる投手。
生命線のツーシームの精度も素晴らしい。
春季府大会で乙訓を後半まで苦しめた小橋翔大(福知山成美)は、低めを丁寧に投げ込める制球力が光る。
夏までに完投できるスタミナを身につけたい。
春季府大会で登板はなかったものの、森山翔宇(立命館)は威力のあるボールを投げる。
夏に復調した姿を見せられるか。

野手編〜遊撃手に逸材集う

注目野手 松田憲之朗

 松田憲之朗(龍谷大平安)は近畿でも屈指の右打者だ。
鋭いスイングで本塁打を量産し、春季府大会では50号の大台に乗せた。
夏までにその数字をどこまで伸ばしてくるのだろうか。

 松田以外にも今年の京都には遊撃手に逸材が多い。
大上翔也(乙訓)は俊足でミート力に優れており、出塁率が非常に高い。
守備でも華麗なプレーを見せ、存在感を発揮する。
藤田希和(福知山成美)は高い野球センスが光る。
特に巧みなグラブさばきは見ものだ。
山本秀太(京都翔英)は"俊足巧打"という言葉がぴったりのリードオフマン。

 捕手に目を向けてみれば、巧みなリードで投手のよさを引き出す大杉渉太(東山)の存在感が際立つ。
パンチ力のある打撃にも注目だ。
1年生から正捕手の座を掴んでいる伊藤彰汰(京都外大西)は正確な送球が光る。
田島光祐(龍谷大平安)は巧打が持ち味。
勝負強い打撃でチームを支える。
昨年は外野手として活躍していた材木拓朗(綾部)は、昨秋から捕手にコンバート。
俊足を武器にチームを引っ張っていきたい。

 松本渉(龍谷大平安)は抜群のバットコントロールの持ち主。
スピードもあり、グラウンドを縦横無尽に駆け回る。
新田広晴(京都翔英)は広角に打ち分けられる巧打者タイプ。
2年生ながら3番に座る山本仁(京都翔英)は、同校OBである山本祐大(DeNA)を兄に持つ。
伊地知正喜監督は「身体能力は兄より上」と期待を寄せている。

大会展望〜乙訓を止めるチームが現れるか

京都 勢力ピラミッド

秋と春の府大会を制した乙訓が優勝候補の本命。
投手二枚看板を筆頭に戦力は整っている。
選手の素材では乙訓を上回るのが龍谷大平安だ。
秋春ともに8強止まりだが、本来の力を発揮できれば頂点は近い。
乙訓と龍谷大平安の直接対決はまだないが、このカードが実現すれば優勝の行方を大きく左右する一戦になりそうだ。
この2校を立命館宇治、京都翔英、東山、福知山成美などが追いかける構図となる。
公立では秋4強の西城陽に注目したい。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方