週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

神主よりもピッチャーへの道を選んだDeNA2位指名右腕・熊原健人の野球人生の転機とは?

『野球太郎 ドラフト直前号』で好評の、プロ注目選手と、彼らを育てた指導者の証言で構成される「ドラフト候補&指導者マンツーマンインタビュー」。今回はDeNAから2位指名を受けた、熊原健人(仙台大)と、森本吉謙監督の証言を公開しよう。


●森本吉謙監督の証言

★最初の印象
 高校3年夏の最後の試合を見ました。しっかり腕が振れていて、直球が走っていて質もよかったことを覚えています。柴田高の平塚誠監督に進路を伺うと、神社の子だということで進学するかどうか、決まっていませんでした。平塚先生が大学でも続けるべきだと説得してくださったみたいで、本人も進学の意志を固めたようです。

★1年冬の衝撃
 1年の冬にブルペンを見ていたら「あれ、こいつの球、速くないか」と驚きました。元々、ストレートはよかったのですが、質が変わっていました。その時は、リリースポイントが右打者のアウトローに合っていたんです。思い切って腕を振れさえすれば、勝手にアウトローにパチンといく球がありました。これは打たれないだろう、という感じでしたね。

★2年の苦悩から
 春のオープン戦で打ち取る感覚を掴んで、打たれなかったんです。それでリーグ戦の開幕投手にしました。今、思い返せば、2戦目からとか、もうちょっとデビューのさせ方があったなと反省しています。開幕戦で負け投手になり、自信を持って投げさせることができませんでした。2年生は苦しんだ1年間。3年からスライダー、フォークでカウントを取れるようになったのは大きかったですね。

★変わらない
 大したものだなというか、変わっているなと思うのは、大学日本代表入りしても、U21代表に選ばれても、全然、変わらないんですよ。こちらは、天狗になってないかとか、取り組みの変化はどうかとか、気を付けて見るわけですが、全くないんです。本当に日の丸を経験してきたの? と思うくらいです。自分の力不足を感じて、いろんなことを吸収して、上がろう、上がろうと謙虚にやっていたので、その分また伸びましたよね。

★これから
 自分を見失わないでやってほしいなと思うんですよね。日本最高峰のレベルで野球と向き合って、結果の世界のなかで自分を磨き、人格を昇華させてほしいですね。


●熊原健人の証言

★もしかしたら○○に……
 実家は宮城県角田市の神社です。両親には大学で野球をやりたいと言っていたのですが、両親の希望は就職か、神主。高校の時、進路希望を書いた紙は白紙で出しました。ひとまず、神主の資格を取る方向に話は進み、父は塩釜神社の神職養成所に電話をかけ、半分、決まりかけていました。その後、周囲が「野球をやらせた方がいい」と両親を説得したようで、仙台大に行けると決まった時は嬉しかったですね。

★投げるのがとくかく好き
 自分は小さい頃から打つのが苦手で、投げるのが好き。ずっと、いい球を投げたい、速い球を投げたいと思って野球をやってきました。140キロが出るか出ないか、という時も絶対に投げてやると思っていました。高校の時からその思いは強く、大学は4年という時間があるので、頑張ればいけると思っていました。監督さんからは「スピードにこだわるな」ということは言われていましたが、結果、150キロ以上の球を投げられるようになってよかったです。

★代表経験
 3年の時に大学日本代表、U21代表に選んでいただきました。正直、何で自分が? と驚きましたが、他の大学のレベルの高い選手やプロ野球選手と野球ができ、いろんなことを学ばせていただきました。すごい人がたくさんいるので、自分なんてちっぽけ。そう思えたのもよかったです。

★これから
 スピードは速いに越したことはありませんが、空振りを取れたり、打者が速いと感じたりする質のいい球を投げたいと思っています。プロに入ることができれば、長い期間、やっていけるような選手になりたいです。


※この記事は『野球太郎No.016 2015ドラフト直前大特集号』の「ドラフト候補&指導者マンツーマン・インタビュー」より、ダイジェストでお届けしております。

構成=野球太郎編集部

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方