週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

守乱・阪神! 傷口をふさげ!! このままのペースだと年間失策は約380個!?


 開幕カードは、マツダスタジアムに乗り込んでの広島との3連戦だった阪神。勝ち、負け、負けの1勝2敗で最初のカードを終えた。ただ、勝敗よりも懸念されたのが守備の乱れだ。

 初戦が3失策(北条史也、原口文仁、マテオ)、2戦目が4失策(高山俊、糸原健斗、マテオ、ドリス)、3戦目が1失策(福留孝介)と、なんと3試合で早くも8失策を犯してしまったのだ。

 このペースでいくと、レギュラーシーズン143試合で約380個のエラーが積み重なる計算となる。昨季の阪神は、リーグワーストの97の失策を犯しているが、とてもそんなレベルではない。

内野のスタメンは昨季から一変


 失策の多さは、内野の陣容がガラッと変わっていることにも起因する。昨季と今季の開幕戦でのスタメンを見てみよう。

■昨季の開幕スタメン
1(左翼):高山俊
2(中堅):横田慎太郎
3(三塁):ヘイグ
4(右翼):福留孝介
5(一塁):ゴメス
6(遊撃):鳥谷敬
7(二塁):西岡剛
8(捕手):岡ア太一
9(投手):メッセンジャー

■今季の開幕スタメン
1(左翼):高山俊
2(二塁):上本博紀
3(中堅):糸井嘉男
4(右翼):福留孝介
5(一塁):原口文仁
6(遊撃):北條史也
7(三塁):鳥谷敬
8(捕手):梅野隆太郎
9(投手):メッセンジャー

 外野はライトが変わったのみで、糸井の加入によりレベルアップしたが、内野は大きく変わっており、しかも一塁の原口、三塁の鳥谷はコンバート組。このポジションで、原口は昨季9試合に出場。鳥谷は2004年に30試合、昨季は17試合に出場しているとはいえ、本職ではないだけに、まだまだ安定感には欠ける印象だ。

 それに加えて、抑えのマテオが早くも2失策を犯しているのも気になるところ。マテオがマウンドに立っているということは、当然、終盤の重要な場面。そこでの失策は命取りとなってしまう可能性がある。昨年は無失策だっただけに、試合を重ねれば本来の感覚を取り戻していくと信じたい。


傷口が大きくなる前に


 新戦力の糸井がホームランを連発、桑原謙太朗が移籍3年目にして初勝利を挙げるなど、明るい材料もある阪神。ただ、大事な場面でポロポロやってしまうような締まらないゲームを繰り返していれば、昨年4位からの復権は幻となってしまう。

 幸いにも、続くヤクルトとの2試合は無失策で終え、立て直しの兆しは見られた。傷口が大きくなる前にしっかりとケアしておくに越したことはない。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方