週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフト特集】ドラフト候補怪物図鑑・今永昇太(駒澤大)

 個性あふれるドラフト候補選手を紹介する「2015ドラフト候補怪物図鑑」。

 新進気鋭の女性ライター・則松(のりまつ)葉子さんが、「炎のストップウォッチャー」を連載中のキビタキビオ氏と、『野球太郎』持木編集長を質問攻めにします。

 昨年の段階では「1位指名間違いなし」と評判だった今永昇太投手。今季はケガもあり、その実力を発揮できていません。そのあたりから、インタビューが始まりました。




指名確実から一転、怪我に苦しむ


ノリマツ(以下ノリ):間近に迫ったドラフトの全体論から入ります。今年の大学生候補のレベルはいかがですか?

キビタ:今年はあまり良くないです。というのも、有力と言われていた候補選手たちが軒並み総崩れ。この今永昇太投手も、期待されていたのですが。

持木:彼は3年生の秋までは、即戦力としてドラフト1位指名間違いなしと言われていた逸材でした。しかし、ケガをして春から投げられずで……。駒澤大学のデビュー当時は荒々しい投球で話題になり、それが3年生になって角が取れて安定した感じになってきたところでした。ところがその後、満足な投球をみせることができないという、残念な状況になってしまいました。

ノリ:それは痛い。でもプロ志望届は出しましたね。

持木:本人はドラフト直前まで迷っていたようで、いまは少し弱気になっているかもしれません。

完成度も安定性も高い、そのピッチングとは


ノリ:ケガをする前は注目度ナンバーワンだった今永投手のピッチング、その魅力はどこですか?

キビタ:調子の良かった3年生の秋までは、そのままプロで使えると言われていました。原石ではないがまとまりのある投手で、プロでも毎年10勝くらいは上げるような安定感があります。

持木:左投げで140キロを超えるストレートを投げる貴重な選手ではあります。伸びがあり浮き上がる、糸をひくようなストレートが魅力です。

キビタ:カーブは、どろんと上から縦に落ちる球を持っていて、ストレートと合わせて緩急をつけられる。スライダーやフォークもあり球種も多い。
それと、東海大相模の小笠原慎之介投手の代名詞ともいえるクロスファイアーを、この今永投手も武器としています。右バッターにとって外から内へ入ってくる迫力のある球ですが、今永投手の場合はインコースにクロスファイアーを投げると見せかけて、外にくるボールも投げられる。バッターは腰が引けてしまいバットが届きにくいんです。それがプロの場合、空振りをとる要素にもなりますね。

ノリ:なるほど。たとえば、同じ左投げの小笠原投手と比較した場合、今永投手はどんな選手だと言えますか?

持木:馬力やエンジンの大きさで言ったら、小笠原投手の方が上かもしれません。ただし、彼はまだ完成度としては未知数。それに対して今永投手はある程度出来上っています。

キビタ:大学生は、やはり高校生に比べたらプロに近いところで完成されていますからね。そこそこまとまりがあり、(ドラフト指名は)安全ではあります。博打的に言えば、リスクは少ないかな。

プロへの切符は、コントロールの精度を磨くこと


ノリ:まずはケガを治す。そして今後今永選手に求められることは何ですか?

持木:まあある程度出来上っていますから、このまま行くしかない、とは思います。一方で球のコントロールがまだアバウトなところは気になりますね。

キビタ:ストライクゾーンをめがけて投げて、大学生ならファウルになるボールも、プロでは打たれる可能性が高い。プロはバッターのレベルが格段に違いますからね。

持木:長いイニングを安定して投げるためには、球の精度をより一層高めていかないと。先ほど角がとれて安定してきたと言いましたが、それは精度を高めるための努力で、彼の成長の証なのかもしれません。その後が見られなかったのは、返す返すも残念。プロの世界でその成長を見たいものです。

ドラフト予想。前評判通りの1位指名は確実か


ノリ:ドラフトでは今永投手は前評判通り、1位指名もありそうですか?

持木:能力のマックスを見ているスカウトは、持っているものを信じて、1位もあるかもしれません。いずれにしろ1巡目の12人で消えるはずです。

キビタ:おすすめ球団はロッテですね。駒澤大学出身の左の投手もいますし。

持木: 駒澤大学出身の左投手という点では、DeNAにいた橋尚成投手のイメージを重ねたいですね。球の精度を上げて、橋投手のようなピッチャーになってもらいたいなと思います。


 1位指名確実といわれながら、ケガに苦しんだ今永選手。球種も多く、その安定性は折り紙付きで、即戦力としても注目だ。コントロールの精度をより一層高め、追求していくことで、プロでも通用する投手に育っていくことだろう。

取材・文=則松葉子(のりまつ・ようこ)
ラジオ局勤務後フリーのライターとして美容やカルチャー、広告コピーを中心に執筆中。野球に関してはほぼ新人。春夏の甲子園と奇数月の大相撲を楽しみに生きている。スタイルにこだわらない柔軟なライティングがモットー。

イラスト=横山英史(よこやま・ひでし)
野球を題材にしたイラストを得意とするイラストレーター。スポーツ雑誌のイラストや、メジャーリーグ カンザスシティ・ロイヤルズのクラブハウスに飾られているチーム歴代プレーヤーを描いた作品なども制作。

出演者=キビタキビオ(きびた・きびお)
野球のプレーをストップウオッチで測る記事を連載中。NHKBS1で放送されているプロ野球ドキュメント番組「球辞苑」などに出演するなど、活躍の幅を広げている。

出演者=持木秀仁(もちき・ひでと)
ご存じ、本誌『野球太郎』編集長。今夏は甲子園大会の盛り上がりと相まって、週刊誌やテレビなどの取材を数多く受けた。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方