週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

清原和博、松井秀喜も1年目のオープン戦は不振。清宮幸太郎(日本ハム)をまだ諦めてはいけない!

清原和博、松井秀喜も1年目のオープン戦は不振。清宮幸太郎(日本ハム)をまだ諦めてはいけない!

 ゴールデンルーキー・清宮幸太郎(日本ハム)がプロの壁にぶち当たっている。11日までのオープン戦の成績は19打数0安打、打率.000。ファンもやや落胆気味だ。

 しかし、「まだプロの球は打てない」と断ずるのは早すぎる。過去に好成績を残した高卒ルーキーたちに目を向けてみたい。

高卒ルーキーの2ケタ本塁打は希少


 高校通算111本塁打を誇るスラッガー、清宮に期待されるのはやはり本塁打だろう。

 ドラフト制導入後に限定すると、実は高卒ルーキーの2ケタ本塁打はレア中のレア記録。1位は清原和博(当時西武、1986年)で31本塁打。これは高卒1年目だけではなく、歴代ルーキー1位の記録でもはや別格だ。

 次に続くのは松井秀喜(当時巨人、1993年)で11本塁打。ドラフト導入以降はこの2人しかいない。

 ドラフト導入以前に目を向けると、1950年代に豊田泰光(当時西鉄、27本塁打)、榎本喜八(当時毎日、16本塁打)、張本勲(当時東映、13本塁打)、中西太(当時西鉄、12本塁打)が達成し、いずれもその後、球界を代表する打者に成長している。「高卒ルーキー2ケタ本塁打=名打者」の法則。清宮が期待されるのはこのラインだ。

松井、清原も苦しんだオープン戦


 先述の通り、オープン戦では苦しんでいる清宮だが、希望がないわけではない。好例は松井秀喜だ。

 甲子園での5打席連続敬遠など、伝説を引っさげて巨人に入団した松井もプロ1年目のオープン戦は苦しんだ。53打数5安打、打率.094、20三振。多くのファンをガッカリさせた。

 そして開幕を前に2軍降格。前半戦は1軍と2軍を行き来した。しかし、後半戦になるとプロのボールにも慣れ、シーズンが終わってみると11本塁打を記録。出場は57試合、打数は184だった。

 また、伝説のルーキー・清原和博もオープン戦は0本塁打。まさかシーズン31本塁打を打つとは誰も思っていなかった。開幕しても、4月は26打数6安打で打率.231。2本塁打が飛び出したが、出足は鈍かった。

 ルーキー時の春先の大活躍は、どんな大打者をもってしても難しいということ。肝は適応力だ。オープン戦での凡打をシーズンにどう繋げるか。清宮もファンも2ケタ本塁打をあきらめるのはまだ早い。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方