週刊野球太郎はニュースにはない奥深い情報を毎日配信 ドラフト候補累計4000人超 圧倒的な取材情報
メンバーサイト入口
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
※Wi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。

清原和博、松井秀喜も1年目のオープン戦は不振。清宮幸太郎(日本ハム)をまだ諦めてはいけない!

2018-03-14(水)0:00

清原和博、松井秀喜も1年目のオープン戦は不振。清宮幸太郎(日本ハム)をまだ諦めてはいけない!

 ゴールデンルーキー・清宮幸太郎(日本ハム)がプロの壁にぶち当たっている。11日までのオープン戦の成績は19打数0安打、打率.000。ファンもやや落胆気味だ。

 しかし、「まだプロの球は打てない」と断ずるのは早すぎる。過去に好成績を残した高卒ルーキーたちに目を向けてみたい。

◎高卒ルーキーの2ケタ本塁打は希少


 高校通算111本塁打を誇るスラッガー、清宮に期待されるのはやはり本塁打だろう。

 ドラフト制導入後に限定すると、実は高卒ルーキーの2ケタ本塁打はレア中のレア記録。1位は清原和博(当時西武、1986年)で31本塁打。これは高卒1年目だけではなく、歴代ルーキー1位の記録でもはや別格だ。

 次に続くのは松井秀喜(当時巨人、1993年)で11本塁打。ドラフト導入以降はこの2人しかいない。

 ドラフト導入以前に目を向けると、1950年代に豊田泰光(当時西鉄、27本塁打)、榎本喜八(当時毎日、16本塁打)、張本勲(当時東映、13本塁打)、中西太(当時西鉄、12本塁打)が達成し、いずれもその後、球界を代表する打者に成長している。「高卒ルーキー2ケタ本塁打=名打者」の法則。清宮が期待されるのはこのラインだ。

◎松井、清原も苦しんだオープン戦


 先述の通り、オープン戦では苦しんでいる清宮だが、希望がないわけではない。好例は松井秀喜だ。

 甲子園での5打席連続敬遠など、伝説を引っさげて巨人に入団した松井もプロ1年目のオープン戦は苦しんだ。53打数5安打、打率.094、20三振。多くのファンをガッカリさせた。

 そして開幕を前に2軍降格。前半戦は1軍と2軍を行き来した。しかし、後半戦になるとプロのボールにも慣れ、シーズンが終わってみると11本塁打を記録。出場は57試合、打数は184だった。

 また、伝説のルーキー・清原和博もオープン戦は0本塁打。まさかシーズン31本塁打を打つとは誰も思っていなかった。開幕しても、4月は26打数6安打で打率.231。2本塁打が飛び出したが、出足は鈍かった。

 ルーキー時の春先の大活躍は、どんな大打者をもってしても難しいということ。肝は適応力だ。オープン戦での凡打をシーズンにどう繋げるか。清宮もファンも2ケタ本塁打をあきらめるのはまだ早い。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

ドラフト会議まであと何日?

時間
先取り2018ドラフト注目選手特集
先取り2018ドラフト注目選手特集
 
会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載
野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!
メンバーサイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

2018年ドラフト情報先取り
全国のドラフト注目選手が満載!
先取り2018ドラフト注目選手特集

プロ野球戦力外通告・引退
に関するのコラムも
プロ野球戦力外通告・引退特集

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#1
  3. 清原和博、松井秀喜も1年目のオープン戦は不振。清宮幸太郎(日本ハム)をまだ諦めてはいけない!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.