週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

ホークスの落とし穴は1番!? 柳田悠岐は機能するのか? 2018年のソフトバンク打線を徹底予想!

ホークスの落とし穴は1番!? 柳田悠岐は機能するのか? 2018年のソフトバンク打線を徹底予想!

 昨季は日本一を奪還し、さすがの強さを見せつけたソフトバンク。今季はどんな打線になるのか、徹底予想してみた。

ソフトバンク打線2018:プランA


1(中堅):柳田悠岐
2(遊撃):今宮健太
3(DH):デスパイネ
4(一塁):内川聖一
5(左翼):中村晃
6(三塁):松田宣浩
7(右翼):(混戦)
8(捕手):甲斐拓也
9(二塁):(混戦)

 昨季のソフトバンクで穴らしい穴だったのは1番打者。明石健志、本多雄一、川崎宗則ら二塁手が務めることが多かったが、いずれも故障を抱えており、機動力を発揮するに至らなかった。

 しかし、CSファイナル最終戦から採用され、日本一の原動力になったのは、1番・柳田悠岐からのこの並び。7試合中5試合で初回に先制点を入れており、並みの先発投手では手に負えない新機軸となった。競争枠は二塁と外野一枠になりそうだ。

ソフトバンク打線2018:プランB


1(右翼):上林誠知
2(遊撃):今宮健太
3(中堅):柳田悠岐
4(一塁):内川聖一
5(DH):デスパイネ
6(三塁):松田宣浩
7(左翼):中村晃
8(捕手):甲斐拓也
9(二塁):(混戦)

 1番・柳田で再びトリプルスリーを期待したいが、現実的には柳田も故障を抱えており、以前ほど積極果敢に盗塁を仕掛けられる状況ではない。いっそのこと1番を「第二の柳田育成枠」にしてしまうプランも考えられる。

 筆頭候補は上林誠知。昨季は秋に不調に陥り、日本シリーズでは無念のベンチ外。巻き返しが期待される。12盗塁に対して12盗塁死とやや失敗が目立つが、元々の脚力はあり、伸びしろはあると見る。2軍で成長中の釜元豪や真砂勇介も将来像は核弾頭だ。

 全体的には中堅、ベテラン勢が踏ん張っているが、打順で選手を育てるのもありだろう。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方