週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 大分みどころ】上間、翁長に層の厚さ誇る明豊投手陣!! 九州最強打者・濱田が率いる明豊打線!!

投手編〜注目の両右腕が圧倒的存在感

注目投手 上間永遠

 最速が140キロを超えるスピード自慢が揃った。
昨夏も田中瑛斗(日本ハム)と二枚看板として活躍した上間永遠(柳ヶ浦)。
180センチ78キロという均整の取れた体から最速144キロのストレートを投げる奪三振型右腕だ。
チームメートの中園大樹も最速は140キロ超。
空振りを奪うキレのいいストレートが最大の武器。

 2年生右腕の翁長佳辰(日本文理大付)は9回を投げてもストレートの平均速度が落ちない。
最速は5月の四国遠征で143キロを計測。
膝元へのスライダー、チェンジアップも精度がアップした。

 春の九州大会でエースナンバーを背負い準優勝に貢献した右の寺迫涼生(明豊)も2年生。
九州大会では準決勝の東筑戦で142キロを記録した。
同じ2年生右腕の大畑蓮も長身から投げ下ろす140キロ前後のストレートを持ち、春は腰の故障で戦列を離れていた3年の右腕・前田力も最速は140キロを超えてくるなど、明豊投手陣はやはり層が厚い。

 スライダーのキレが抜群の古江空知、春以降に台頭してきた安藤才二郎(いずれも大分商)の両右腕も140キロ超のストレートを投げてくる。
さらに中島涼(中津東)も投手転向からわずか半年で球速を140キロに乗せてきた。

 左では3種類のスライダーにカーブ、チェンジアップを駆使する大神裕貴(佐伯鶴城)は、ストレートのキレもいい。
山月雄翔(大分)には186センチ79キロ、そして左投げという天が与えた最高のスペックがある。
140キロの大台越えに期待したい。

 他にも130キロ台後半のストレートに高い制球力を誇る栃原佑紀(大分東明)、生きのいいストレートを投げ下ろす旗手幹也(杵築)、下手からキレのあるストレート、カーブ、スライダーで打者を手玉に取る後藤直己(竹田)ら個性派右腕も楽しみな存在だ。

野手編〜九州最強スラッガー君臨!

注目野手 管大和

なんといっても"九州最強"の呼び声も高い濱田太貴(明豊)が最注目だ。
手元ギリギリまで球を呼び込み、高校生離れしたスイングの強さで飛距離を出す。
現在通算本塁打は39本だが、昨夏の大分大会3本、甲子園2本、九州大会3本と大舞台で柵越えを連発する勝負強さを持つ。
夏の大会中に50本をクリアする可能性もある。

 濱田とともに明豊の強力打線を引っ張る管大和は通算13本塁打。
昨夏の甲子園でも証明したように、長打を逆方向に持っていけるだけのパンチ力がある。
50メートル5秒8の俊足を生かした守備、走塁のスピード感あふれるプレーも見応えは十分だ。
岡部将汰も小学6年で100メートル優勝、中学時代に200メートル県2位に輝いた健脚とパンチ力で強力打線を引っ張っている。

 好守強打の明豊・管に勝るとも劣らない才能の持ち主が東門寿哉(日本文理大付)。
高いミート技術に加え、外野守備でも打球の落下点を押さえる勘のよさや守備範囲の広さが光る。
182センチ73センチの大型遊撃手・森下颯太(大分商)、安定した二塁守備と的確な打撃技術を誇る石井源太(大分)も楽しみな存在。
固め打ちの多い藤沢颯太郎(情報科学)は、ヒットゾーンが広い。

大会展望〜続く明豊のひとり旅

大分 勢力ピラミッド

ここまで5季連続で県の頂点に立っている強打の明豊が、春の九州大会で準優勝と完全に独走態勢を築いている。
質の高い走塁技術、枚数を揃えた投手力と高い守備力にもつけ入る隙は見当たらない。
今年の夏に連覇を達成すれば、一強支配はさらに強化されるだろう。
2番手以下は大混戦が続く。
投打のバランスで杵築、佐伯鶴城。
投手力で柳ヶ浦が第2グループを形成か。
日本文理大付、大分商、大分といった実力校がノーシードという点も、夏の大会を面白くする要素になりそうだ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方