週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2014新春放談】プロ野球12球団おせっかいアドバイス〜セ・リーグ編その1〜

 新年からお送りしている「【2014新春放談】プロ野球12球団おせっかいアドバイス」。『野球太郎』編集部員とライター陣が、今シーズンのペナントレースを大展望。メンバーは今季の戦力を把握して事前に順位予想を済ませており、自らの渾身の予想を基にガチンコ勝負。

 今週は2013年シーズンでBクラスに終わったセ・リーグ3球団を徹底討論します。それではプレイボール!!


東京ヤクルトスワローズ編
6年ぶり最下位だったが、巻き返し必至!?

――なんといっても菊地選手が、大胆にもセ・リーグ1位に推しています。その根拠は…?

菊地「はい、ボクにはストーリーが見えるんです。ヤクルトはナイン全員が“監督を男にしよう”という気概を持って戦っている印象を強く受けます。例えば昨年引退した宮本(慎也)も『小川(淳司)監督にあと一年(現役を)やってくれと懇願されたので現役を続けた』と語っているように、そういう雰囲気や土壌みたいなモノがヤクルトにはあります。その想いがヤクルトを最下位から一気に優勝へと導くのでは…と予想しています」

高橋「ボクも広島と3位争いするのでは、と推しています。確かに良い選手は多いですね。チーム的には上位争いする力はあると思っています。しかし、なんといってもケガ人が多すぎる。ヤクルトはここ数年、呪われているのでは…と思うほど故障者が続出していますよね」

菊地「いい加減、その呪いを断ち切るのでは…と思っています(笑)」

――戦力的にはどうでしょう。まずは投手陣ですが…

キビタ「投手陣は昨年、首脳陣の期待込みでローテを守った八木(亮祐)ら、確かに楽しみな選手はいます」

菊地「村中(恭兵)は日本を代表するような投手になると信じています。彼が石川(雅規)を押しのけてエースとして活躍すれば、ヤクルトは相当強いはず。日本野球のためにも、村中(の活躍)込みでヤクルトを1位推しです!」

――注目はやはり二年目の小川(泰弘)。取材経験もあるキビタさん、どうですか?

キビタ「小川は自分に厳しい選手という印象を受けています。だから2年目も大丈夫だろうと…。ただ宮本が抜けて、チームが引き締まるのか? という懸念はありますね。ひょっとしたら学生時代からリーダーシップを発揮していた谷内(亮太)が、チームを牽引する役割を果たすんじゃないかと」


▲谷内亮太


――いろいろありますが、触れなければいけないでしょう。バレンティンは昨年ほど打てますか?

菊地「去年、前後を固める打者が故障で不在だったにもかかわらず、常軌を逸した本塁打数をマーク。畠山(和洋)やミレッジが復帰したら、相手投手は必然的に勝負せざるを得なくなる。そうしたら、さらに打つんじゃないかと期待が膨らみます」

西山「そのミレッジや畠山もふまえると、ヤクルトへのお節介アドバイス的は、“とにかくケガに注意!”ですね」


横浜DeNAベイスターズ編
積極的な戦力補強で評価が急上昇! CS出場も夢ではない!!

――投手、野手ともに積極的な補強をしたDeNA。みなさんの評価はどうでしょう?

キビタ「ボクは3位に推しています。久保(康友)の獲得は大きいですね。何が大きいかって、久保がローテの1番手になることで、他の先発陣にも好影響を与えますよ」

菊地「ボクも3位推しです。去年、ブレイクの兆しをみせた投手が多いだけに、久保やベテランの(高橋)尚成がローテに入ることで若い投手たちにも好影響を与えそうですね。三嶋(一輝)、井納(翔一)、須田(幸太)、高崎(健太郎)ら頭数はいる。彼らが気楽に投げることができるだけでも(久保と尚成の加入は)大きいですよ」

キビタ「久保の加入で、今までローテ1番手を堅守してきた三浦(大輔)が、どれだけ楽になることか。去年頑張った藤井(秀悟)、残念だったソトなどが結果を出せば、面白いですよね」

菊地「そういう意味では三浦がローテの3番手で起用できればDeNAは強くなる。久保、三嶋、三浦…他球団からみても遜色のないローテが組めそうですね」

――その一方で、2013年はセ・リーグトップの得点数を叩きだした打撃陣のほうは?

高橋「バルディリスも獲得したし、(打率、打点の)リーグ二冠王、ブランコがいるのが心強い」

キビタ「野手陣は問題なさそうですね。荒波(翔)はアマ時代は初球をポーンと打ち上げたり、軽い打撃をしてましたが、昨季は粘りを見せるようになるなど、成長していますよ」

菊地「やはり梶谷(隆幸)ですね。去年の夏場以降、驚異的なペースで打っていたあの打撃をシーズン通じて発揮できれば…」

高橋「低迷が続くDeNAだからこそ、梶谷には活躍してほしいね。下位に低迷するチームの現状を打破するようなヒーローが出てこないと(チームも)変わらないでしょう」

――だた懸念点はやはり…捕手でしょうか?

菊地「最近では楽天が嶋(基宏)を積極的に起用したように、ドラフト3位入団の嶺井(博希)も抜擢されてもおかしくはないですよ」

キビタ「亜細亜大時代から肩は良いです。打撃面はともかく、守備だったら無難にこなせるだけの能力はあると思います」

西山「投手陣では久保、野手陣では梶谷が起爆剤となれるか…ということですね。それとお節介アドバイス的には“三浦大輔を楽にさせろ”というところでしょうか(笑)」

▲梶谷隆幸の活躍がカギを握る!



中日ドラゴンズ編
去年は12年ぶりのBクラス。「強竜再燃」のカギは?

――昨年は木(守道)監督と首脳陣らのゴタゴタや、選手との確執などがクローズアップされてしまいました

キビタ「監督と首脳陣のいざこざなど、選手が振り回された部分もありましたね。正直、野球どころではなかったでしょう」

高橋「そういう意味では、あくまでも予想ですが、落合(博満)GMから森(繁和)ヘッドコーチを通じて谷繁(元信)新監督と、しっかりしたラインができるような気がします。ボクは2位に推しています。」

持木「プレーイングマネージャー経験者の古田(敦也/元ヤクルト)がある番組で言っていました。監督兼任だとどうしても、選手に(プレーに対して)厳しく言えないこともあるそうです」

キビタ「谷繁ほどのベテランになれば、選手も監督として違和感なく受け入れることができるかもしれませんね。投手陣は実質、谷繁がいろいろと指示していた部分もありますし」

持木「日本の野球界では監督がトップという風潮がある。そんな中で落合GM、森ヘッドコーチ、その次に谷繁監督となると、選手は混乱しないか。その点が気掛かりで、ボクは5位に予想しています」

――戦力分析に話を戻しましょう。期待したい新戦力は?

菊地「ボクはドラフト2位の又良(克樹)が気になります。ドラフト前にもかかわらず、中日のスカウトの方が高い評価をしていたと聞いています」

西山「四国(アイランドリーグプラス)で名を挙げましたが、全国的にはほぼ無名で2位指名と、高評価でしたね。去年活躍できなかった山内(壮馬)もいますし、投手陣はなんといってもエース・吉見(一起)の復帰が待たれるところです」

ゆきやす「6月には復帰予定です。そこから2ケタ勝利は堅いでしょう!」

一同「さすが中日ファンのゆきやすさん(笑)」

ゆきやす「中田(賢一)が抜けましたが、その穴は他の投手でカバーできそうです」

キビタ「冒頭でも触れたように、プレー以外のゴタゴタがあった昨シーズンでしたが、戦力的には上位に食い込む投手力は健在ですよね」

――続いて野手陣ですが、上積みはありますか?

高橋「去年、途中離脱したルナでしょう。ケガをするまで試合に出続けて打率.350。シーズン通じて活躍すれば、大きな戦力です」

菊地「高橋(周平)も楽しみですね。ただ、落合GMに変わって、1軍で使って育てるという考えが続くかどうか…」

キビタ「新外人ではアレクシス・ゴメスを獲得しました。過去に在籍したセサルみたいにならなければ…」

菊地「森コーチの中南米ラインでの獲得ですね。過去にはトニ・ブランコ(現DeNA)ら、ヒットした印象はありますが結構、外れるケースもありますよね」

高橋「まあ戦力的には上積みはないにせよ、落合GMと森コーチのタッグで、ボクは上位に食い込むと予想しています」

ゆきやす「落合監督時代は就任一年目の2004年、いきなり優勝しています。そのマジックに期待したいなあ。和田(一浩)があと100本で2000安打なので、それをきっかけにいいムードができれば」


菊地「この2年間は練習量が激減したという話も聞きます。落合GM復帰で、かつての練習量が復活すれば、『強竜再燃』は十分あり得るでしょう」

今回はここまで


 次週は巨人、阪神、広島編をお送りしますのでお楽しみに!


■ライター・プロフィール
鈴木雷人(すずき・らいと)…会社勤めの傍ら、大好きな野球を中心とした雑食系物書きとして活動中。"ファン目線を大切に"をモットーに、プロアマ問わず野球を追いかけている。Twitterは@suzukiwrite

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方