野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!

《WBC出場選手・状態チェック!》世界の小林誠司(巨人)がセ界で沈む。好不調が分かれた侍野手陣

5/2(火)12:00

WBCでは大活躍も「セ界」では低迷中の小林誠司(巨人)

 2017WBCで、日本代表は2大会連続の準決勝敗退に終わったものの、死力を尽くして戦った。

 早仕上げの調整、激闘の疲労など、例年とは違うコンディションで開幕を迎えた侍ジャパンのメンバーたちは、どのような成績を残しているのだろうか。

 開幕から約1カ月が経った今、週刊野球太郎では連載『WBC燃え尽き症候群!? WBC出場選手の状態チェック!』で、WBCに出場したNPB選手とメジャーリーガーの状態を検証。今回は侍ジャパンの野手陣を見てみる。

(成績は4月30日現在)

◎「世界の小林」がセ界では……

 小林誠司(巨人)、大野奨太(日本ハム)、直前で辞退した嶋基宏(楽天)の代わりに召集された炭谷銀仁朗(西武)の3人体制で臨んだ侍捕手陣。正捕手として小林が起用され、ラッキーボーイ的な活躍を見せたことは記憶に新しい。

 その小林はシーズンが始まると打撃が絶不調。打率は.153と低迷し、4月23日の阪神戦では犠打を失敗するなど精鋭を欠いている。大野は清水優心、市川友也らとの併用が続く。4月16日に猛打賞を記録したものの打率.222と低空飛行。苦しい状況が続く。

 一方炭谷は打率2割台と打撃面は寂しいが、森友哉のケガによる不在もあり、守備で西武の上位進出を支えている。3人の捕手の唯一順調にシーズンを戦っているといえる。

■WBC出場捕手の成績
大野奨太(日本ハム)
15試合/打率.222/1本塁打/4打点

炭谷銀仁朗(西武)
20試合/打率.214/0本塁打/2打点

小林誠司(巨人)
25試合/打率.153/0本塁打/1打点

◎好不調がはっきり分かれた内野陣

 侍ジャパンの内野陣は好不調の差がはっきりと分かれた。

 中田翔(日本ハム)、松田宣浩(ソフトバンク)、山田哲人(ヤクルト)は調子がまったく上がらず、チーム停滞の要因になっている。中田は故障で、登録抹消。復帰初戦ではチャンスで併殺打といいところがなく、打率1割台の絶不調にもがいている。

 一方、坂本勇人(巨人)は阿部慎之助とともにチームを牽引。2年連続の首位打者へ向けて視界良好だ。広島の上位打線を形成する田中広輔は打率.288、菊池涼介は.254。菊池は開幕当初こそ不振だったが調子を上げてきており、心配はなさそう。広島の「タナキクマル」は今シーズンも健在だ。


■WBC出場内野手の成績

中田翔(日本ハム)
15試合/打率.170/1本塁打/4打点

松田宣浩(ソフトバンク)
26試合/打率.220/1本塁打/6打点

田中広輔(広島)
27試合/打率.288/0本塁打/9打点

菊池涼介(広島)
27試合/打率.254/2本塁打/10打点

坂本勇人(巨人)
25試合/打率.330/1本塁打/11打点

山田哲人(ヤクルト)
19試合/打率.191/2本塁打/8打点


◎揃って好調の外野陣のなかで「日本の4番」が……

 外野陣は1人を除いて好調だ。

 内川聖一(ソフトバンク)は4番として.340と高打率をマーク。また、チームトップタイの5本塁打を放っており絶好調。残り72安打に迫る通算2000安打達成も時間の問題だ。

 鈴木誠也(広島)、平田良介(中日)も4番を任される試合もあり、好調をキープ。ともに2ケタの打点をマーク。役割をしっかりと果たしていると言えそうだ。唯一のメジャー組からの参戦だった青木宣親(アストロズ)はレギュラーではないものの打率3割をキープ。元DeNAのグリエルとともにチームに貢献している。

 そして「唯一の不調」が日本の4番を務めた筒香嘉智(DeNA)。開幕から不振を極めている。特に寂しいのは本塁打で開幕から25試合でわずかに1本。打率は.275と上向いてきたものの、昨季の二冠王からすると物足りない数字だ。打点は2ケタを挙げているが、豪快な一発を連発してほしいところだ。

■WBC出場外野手の成績
内川聖一(ソフトバンク)
26試合/打率.340/5本/20打点

秋山翔吾(西武)
23試合/打率.330/5本塁打/11打点

鈴木誠也(広島)
27試合/打率.318/5本塁打/19打点

筒香嘉智(DeNA)
25試合/打率.275/1本塁打/12打点

平田良介(中日)
26試合/打率.260/4本塁打/15打点

青木宣親(アストロズ)
18試合/打率.321/1本塁打/5打点


 好不調の差がはっきりと分かれた侍戦士たち。WBCによる早仕上げが開幕ダッシュにつながったかどうか明暗が見えるのが特徴的だ。シーズンはまだ始まったばかり。不振の選手たちも温かい目で見守っていきたい。


文=勝田 聡(かつた さとし)

新着記事

人気記事

注目特集記事

毎週特集連載
今週の特集|プロ野球と高校野球

選手名鑑見出し
選手名鑑|ドラフト候補選手

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し設置
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#1
  3. 《WBC出場選手・状態チェック!》世界の小林誠司(巨人)がセ界で沈む。好不調が分かれた侍野手陣

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.