週刊野球太郎はニュースにはない奥深い情報を毎日配信 ドラフト候補累計4000人超 圧倒的な取材情報
メンバーサイト入口
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
※Wi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。

巨人5位 田中俊太・悔いを残さないための準備を徹底して試合に挑む男

2018-01-31(水)0:00

田中俊太(日立製作所)・巨人5位 田中俊太・悔いを残さないための準備を徹底して試合に挑む男

2017年プロ野球ドラフト会議で、総勢82名の選手が指名された。
2018年からのプロでの活躍に期待したい。 週刊野球太郎では、ドラフト会議の直前にインタビューした指名選手18名を特集!
プロで活躍するために戦ってきたドラフト候補と、彼らの「真価」を最も熟知している監督さんを取材した貴重な「証言」をお届けします。


今回の指名選手

田中俊太(日立製作所)

巨人 ドラフト5位
田中俊太(たなか・しゅんた)

178センチ80キロ/右投左打。1993(平成5)年8月18日生まれ、神奈川県厚木市出身。父・正行さんが監督を務める相模原イーグルスで野球を始め、東海大相模高では高3時にセンバツ優勝。東海大では3年で大学選手権優勝。日立製作所では1年目に都市対抗で準優勝に貢献し、若獅子賞を受賞した。兄の田中広輔(広島)同様、社会人経由でプロ入りを目指す。


★最初の印象
 東海大の横井人輝監督(当時)が大学で同期だったこともあり、就任早々東海大の試合を見ました。その時、田中は1番セカンドだったかな。その後もウチとのオープン戦で先頭打者本塁打を放つなど、実力はありました。田中はプロ一本に絞っていたので、接触したのはドラフトの後から。あまり話す機会がなかったので「とっぽいヤツかな」と心配していましたけど、会ってみると好青年で、すんなりとチームに溶け込みました。1年目から周りに実力を認められたと言っていいでしょう。

★送球が強くなった
 田中は走攻守すべてに貪欲で、自分で課題を見つけて、とことん練習します。守りは、渡辺進コーチから正しい動きを徹底して教わりました。以前は二塁キャンバス寄りからのスローイングが弱かったり、カットプレーでの送球が弱かったですけど、正しいステップを学んで、強くなりました。

★ウソでもいいから…
 今年の日立市長杯で、田中は右ほほにボールを受けて骨折しました。翌朝、コーチに「いけるか?」と聞かれた時に、田中は「無理です」と答えました。都市対抗の北関東予選だったら、どうかと聞かれても、「無理です」との返事でした。無理をさせる時期ではないので休ませましたけど、これがもし都市対抗がかかった北関東予選の時だったら、ウソでもいいから「試合に出ます」と言ってほしかったかな。いつもファイティングスピリッツにあふれ、試合中もよく声を出す選手なんですけどね。

★これから
 プロではシュアなバッティングと、内野ならどこでも守れる守備力を武器に、ユーティリティープレーヤーで生きていけると思います。日立ではセカンドで固定しましたが、ショートもサードも守れる能力はあります。横井監督は以前「俊太をショートやサードに回す選択肢もあるけど、セカンドに固定した方がチームにフィットする」と言っていて、私もなるほどと感じました。でも、プロでやるなら、ユーティリティーでしょう。

◎監督さんプロフィール


和久井勇人[わくい・はやと]
1962(昭和37)年生まれ、東京都出身。桜美林高〜東海大〜日立製作所。現役時代は都市対抗10年連続出場で表彰された。社業で日立工業専修学校の校長などを務めたのち、2013年から2度目の監督に。



★無駄な打席が多かった
 高校時代(東海大相模)は門馬敬治監督に「自分勝手にやるな」と言われていたのに、今思うと内容が薄いプレーが多かった気がします。たとえばエンドランにしても、ここは最低限転がして進塁させるのか、それともヒットを狙うのか、整理して打席に入れていな かったです。

★悔いを残さないための準備
 相手がいて、チームメイトがいての野球なんで、自分勝手にやっても意味がありません。自分の形にこだわっても、相手がよければ打てません。理想と現実をつなげていくのが練習。試合は応用、対応だと思います。試合で「何があっても大丈夫」と思えるくらい準 備しておけば、結果は仕方ないと割り切れます。なんとなく打席に入って初球を見逃して、振り返れば初球が一番甘かったら、悔いが残ります。そういうもったいない打席をなくしたいです。

★メモリアルアーチ
 今年の都市対抗(三菱重工名古屋戦)では、2打席目にホームラン(都市対抗通算3100号本塁打)を打てました。あの打席は、相手が2巡目で配球を変えてきた感じだったし、1番の濱元航輝も「違う球種(カーブ)できた」と伝えてきたので、「何かありそうだな」と考えて打席に入りました。すると2球目にカーブが真ん中に入ってきて、反応で打てました。前の準備があったから、冷静にいけた打席でした。

★これから
 自分のやるべきことをやって、波の少ない選手になりたいです。プロであえて憧れの人を挙げるなら、川ア宗則さん(ソフトバンク)。気持ちが熱いし、ハキハキしているし、川アさんの野球の雰囲気に憧れています。




◎監督

脚力の割には盗塁数が多くないので、盗塁のスタートをこれから磨いてほしいですね。守備では、足を使った基本動作を覚えました。

◎本人

東海大相模で教わった走塁の基本は財産です。常に先の塁を狙って、打球や状況を判断して、バッテリーのクセを見抜くのは、足の速い、遅いに関係なくできることです。スピードの落ちないスライディングも、高校時代に身につけました。






◎監督

打席の中で粘り強くなりました。崩されても遠くに飛ばせるのは、バットに(ボールを)乗せて運べる技術があるからでしょう。

◎本人

崩された方が飛ぶとかは、意識したことはありません。片手のフォロースルーも意識していません。調子がいい時は体が反応して、どんどん振っていけます。形よりも、しっかり振ることを心がけてきたので、社会人で力強さが出てきました。




 今年の日立市長杯で、田中は右ほほにボールが当たり、骨折した。救急車で運ばれた先は日立総合病院。田中はこの病院の総務部に配属されている。田中が運ばれた時、副院長をはじめとする関係者が多忙にもかかわらず「俊太、大丈夫か?」と様子を見に来て、急患の手配をしたという。その後、手術は無事成功し、今では支障なくプレーできている。田中は職場で愛され、支えられている。


本稿は雑誌『野球太郎 No.024 2017ドラフト直前大特集号』(2017年9月23日発行)に掲載された人気企画「ドラフト候補&指導者マンツーマン・インタビュー」から、ライター・久保弘毅氏が執筆した記事をリライト、転載したものです。


取材・文 久保弘毅

ドラフト会議まであと何日?

時間
先取り2018ドラフト注目選手特集
先取り2018ドラフト注目選手特集
 
会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載
野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!
メンバーサイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

2018年ドラフト情報先取り
全国のドラフト注目選手が満載!
先取り2018ドラフト注目選手特集

プロ野球戦力外通告・引退
に関するのコラムも
プロ野球戦力外通告・引退特集

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#1
  3. 巨人5位 田中俊太・悔いを残さないための準備を徹底して試合に挑む男

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.