週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

チームの浮沈のカギを握る! 期待したい6人の助っ人《セ・リーグ新外国人編》

 海を越え、異国の地で結果を残そうとプレーする助っ人たち。毎年入れ替えが激しい中、今季もセ・リーグ6球団で計15名の新外国人選手がやってきた。今回は注目の6人をピックアップ。キャンプ中の動向も含めたその注目度を、ランキング形式で紹介しよう。

1位:ギャレット・ジョーンズ

(読売ジャイアンツ・外野手)

 メジャー通算911試合出場で、通算122本塁打。今季来日した選手でトップクラスの実績を誇る。

 球団も「ジョーンズ」では平凡だからと、ファーストネームの「ギャレット」を登録名に設定。原則ファーストネームを用いる巨人において、異例の措置が取られるほど期待値が高い。


 高橋由伸新監督はギャレットを長野久義、阿部慎之助とともに4番候補に挙げ、覇権奪回への切り札としたい模様。メジャー時代は左腕から結果を残せず、「対右投手専門」の烙印をおされた左の大砲は、日本でもうひと花咲かせることができるだろうか。


2位:ルイス・ペレス

(東京ヤクルトスワローズ・投手)

 昨季41セーブのトニー・バーネットが退団したヤクルト。リーグ連覇に向け、新たなクローザーの設定は必須事項だ。その候補のひとりとして、新助っ人のルイス・ペレスが挙がっている。

 メジャー通算78試合登板の実績を持ち、昨年のプレミア12・ドミニカ共和国代表に名を連ねた実力者。投球の大半は速球系で、春季キャンプのフリー打撃登板では強烈な変化をするツーシームを披露。「左殺し」に有効な武器となりそうだ。

 現状は外国人枠の序列において、4番目もしくは5番目に位置する。1軍に残れるかは微妙な情勢だが、アピールを続けていきたい。


3位:ダヤン・ビシエド

(中日ドラゴンズ・外野手)

 森繁和ヘッドコーチがその進退を賭けるほど、期待の大きな主軸候補。黒人の長距離砲で、外野手登録だが想定されるポジションは一塁手。かつてナゴヤドームを沸かせた、タイロン・ウッズやトニ・ブランコの再来と目され、低迷するチームの救世主になれるかもしれない。


 春季キャンプのフリー打撃では、バットを折りながらスタンドインさせる驚弾を放った。打った相手がエース格・大野雄大の速球というところも、インパクトは十分だ。

 一塁守備では不安な部分を見せているようだが、ある程度は目をつぶって起用が続けられるかどうか。首脳陣の判断が注目される。


4位:マルコス・マテオ

(阪神タイガース・投手)

 ヤクルトと同様、守護神が抜けた阪神。その穴を埋める最右翼と見られるのが、マルコス・マテオ。150キロ超の速球と縦横2種類のスライダーが武器の剛腕だ。

 昨季はパドレスの一員として26試合に登板。奪三振率は11.00をマークし、甲子園でも1イニングをピシャッと締めるシーンを多く見られるかもしれない。

 懸念があるとすれば、右打者にはめっぽう強い一方で左打者に弱いこと。昨季の成績をみると、右打者には16回2/3で2与四球なのが、左打者には10回1/3で7与四球と制球を乱す場面が多かった模様。「抑え失敗…ちょっとマテオ!」と見出しが躍らないことを祈る。


5位:ジェイミー・ロマック

(横浜DeNAベイスターズ・内野手)

 メジャーでの実績は乏しいが、マイナーでは通算200発を放った長距離砲。DeNAでは「5番・三塁」での起用が想定されている。

 パワーは本物のようで、春季キャンプ初日のフリー打撃では44球中7発をマーク。この日は75%の状態だったという。また、11日の紅白戦ではボールの見極めに注力。打者としての本性はまだ掴みきれないが、本当に待球型ならば4番・筒香嘉智の前を打つのもありだ。

 好きな食べ物はうどん(ねぎと七味をかける本格派)、節分の時には恵方巻をガブリと既に日本文化へは十分に適応。あとは本業の野球でどこまでいけるか。


6位:ブレイディン・ヘーゲンズ

(広島東洋カープ・投手)

 基本的に外国人選手は「助っ人」として来日するだけに、1年1年が勝負だ。一方で、中長期的な視野で「伸びしろ」を重視するパターンも見られる。広島のブレイディン・ヘーゲンズがその例で、26歳の若さと先発・リリーフを問わない柔軟性を買われてやって来た。

 チームは絶対的エース・前田健太がメジャー移籍し、ピッチングスタッフが不足気味。先発陣では黒田博樹、ジョンソン、大瀬良大地に次ぐ存在がおらず、ブルペン陣はこれからという若手が多い。外国人枠の問題はあるが、力をメキメキとつけられればヘーゲンズにもチャンスは訪れるだろう。


文=加賀一輝(かが・いっき)

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方