野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
2017.10.26ドラフト会議 清宮幸太郎 検索!

《オープン戦チェック》狙い目のプレミア席は!? 「最高の超良席」でオトクに観戦できるオープン戦!

2017-02-28(火)12:00


 ついにオープン戦がスタートしたプロ野球界。実はこの時期は球場マニアたちが目を光らせる季節であることをご存知だろうか?

 オープン戦はチケットが安いだけではなく、普段はめったに出回らない本拠地球場の「超良席」が1試合単位で一般発売されたり、自由席になったりするのだ。

 つまり、プロ野球を「最高の座席」で見ることのできる大チャンス。今回、オープン戦ならではの「本拠地球場希少席」を紹介しよう。

(※価格、日程、空席情報などの詳細は各球団ホームページをご参照ください)

◎絶対狙い目の最高級シート


 ハイパーリッチな体験をしたい方に絶対にオススメしたいのは、東京ドームでの巨人主催試合だ。

 オープン戦ではシーズンシート限定のエリアが一般発売される。最も高額な席種はダイヤモンドボックスで1万円。昨シーズンからバックネット裏上方に設置された特等席。元々は記者席だった場所で見晴らしは抜群だ。

 オープン戦で1万円は高いと思うかも知れないが、「重役以上しか着席は許されない」と思うレベルの威厳のある黒シートに座ったまま食事を注文できるコンシェルジュサービスも!

 この席のシーズンシート価格はなんと200万円! 新車が買える!

 また、同じく東京ドームの巨人主催試合では中二階のプレミアムラウンジも4000円で販売される。こちらもシーズンシート。年間契約だと2席で約131万円から225万円。東京ドームホテルで作られたビュッフェメニューに舌鼓を打ちながら、観戦できるVIPシートだ。

◎大部分が自由席になる球団も!


 阪神、ヤクルトなどはオープン戦ではかなりざっくりとした席割りとなり、内野バックネット裏も自由席となる。つまり、オープン戦では「気合の早起き」をすることで、高校野球観戦のように年間シート級の特等席がゲット可能なのだ。

 しかも、前売り価格が甲子園で3000円(内野特別自由席・大人)、神宮で2100円(内野自由席・大人)と比較的リーズナブルだ。


◎人気のフィールドシートも自由席に!


 ロッテもZOZOマリンスタジアムでのオープン戦は全試合バックネット裏を特別内野自由席(2600〜2800円)として販売するが、なかでも狙い目は「オープン戦バリュー価格」の日。

 3月14日(火)のヤクルト戦、3月22日(水)の中日戦はいずれも平日の昼開催(13:00試合開始)ということもあって、フィールドシートも特別内野自由席のエリア内となる。

 その他の球団でもオープン戦のチケット価格はリーズナブルに設定されており、ボックス席などの下見にももってこいのシーズンだ。各球団のホームページをチェックして、この春は「優雅な生観戦」を満喫するのはいかがだろうか?


文=落合初春(おちあい・もとはる)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#6
  3. 《オープン戦チェック》狙い目のプレミア席は!? 「最高の超良席」でオトクに観戦できるオープン戦!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.