週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

検索ワード爆アゲ必至、ルーキーなのに大胆な改名! オリックス「K−鈴木」って誰だ!?

検索ワード爆アゲ必至、ルーキーなのに大胆な改名! オリックス「K-鈴木」って誰だ!?

 FA移籍などの大きな出来事がある一方で、小ネタもなかなか多いのがこの時期。特に贔屓球団でなければ見逃してしまうことも多い。

 シーズンオフの静寂に紛れて、実はオリックスがとんでもない(?)発表をしている。

まさかの被りでいきなり改名!


 11月26日に行われた「Bsファンフェスタ2017」。新人選手のトークショーで重大発表が待っていた。ドラフト2位の鈴木康平(日立製作所)の登録名をなんと「K-鈴木」にしたのだ!

 オリックスには読みが同じ鈴木昂平(すずき・こうへい)がおり、その登録名が注目を集めていたが、おおよそが「鈴木康」「鈴木昂」で見分けがつくとの予想だった。まさか、ここで「T-岡田」の第2弾が飛び出すとは思っていなかった。

 「K-鈴木」と聞くとやはり思い浮かぶのは「SUZUKIの軽」だとネット上でも話題になった。名車・ワゴンR、アルトワークスなどが脳裏をよぎるが、「K-鈴木」は186センチ88キロの大型右腕だ。

 オープン戦になれば選手成績に名前が載り、じわりとその存在を知りたくなる人が増えてくるはず。春に向けて検索ワード急上昇が期待される。

オリックスにはまだまだ被り問題が……


 だが、これで問題は解決されていない。2014年のドラフト9位・鈴木優が在籍している。野手の鈴木との差別化は終わったが、鈴木優も「Y-鈴木」に改名すべきだという声も巷にある。

 また、鈴木だけではない。オリックスには吉田が多すぎる。吉田一将、吉田正尚、吉田雄人、吉田凌……。吉田凌に関してはユニフォームの背ネームが「RYO」になっている。

 現在は「吉田一」「吉田正」でしっくり来ているが、吉田雄や吉田凌のブレイクがあれば一見さんお断りの吉田帝国が完成してしまう。ならば、「吉田正尚→M-吉田」かと考えたが、エムはノド越しが悪い。ここは往年のプロレスラー・マサ斎藤よろしく、「マサ吉田」でいかがでしょうか。

 ちなみにオリックス・駿太は、今季から苗字の「後藤」を登録名にすることが決まっている。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方